最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ポスト ジーコのときも

岡田監督決定的!オシム流解体へ
2006年ワールドカップのあと、ジーコ監督の後任探しの段階でも、僕の記憶が正しければ、協会は、日本人監督候補として、今回も名前の挙がった岡田・西野の両氏の意向をまず聞き、就任の意思がないことを確かめた上でオシムさんを候補を交渉したはず。
オシム監督が倒れたいま、協会の技術委員会として、
第一に考えるのは岡田さんしかいなかった
のだという。この1年半ほどの期間、協会はいったい何をしてきたのだろう?
早晩、遅くとも2010年には後任監督を探す必要があったはず。いや、それ以前に、アジアカップの予選リーグで敗退していたら、オシム監督の解任の可能性だってあったんじゃないのだろうか。いつだって、代表監督の候補を何人も持っていないといけないはずだった。
なのに、「岡田さんしかいなかった」らしい。これでは心もとない。

オシムさんの就任時の経緯は言ってみれば、むりやりクラブから引き抜いた形だ。その意味では、西野さんもオジェックさんも、シーズン途中に引っこ抜いた前回よりは易しい状況にある。名前が挙がった、この人たちも含めた中で、岡田さんしかいなかったようだ。
それに、代表監督、まして、高額報酬が期待でき、そこそこ強化の余地もある日本の代表監督が、そんなに不人気なポストとは思えない。裏では監督の売り込みもあったと思うのだけど...
技術委員会のメガネに適わない人材しかいなかったか、それとも、委員会がメガネを掛けていないか、それても、掛けていてがボケボケだったか... とりあえず、さすがにこの時期の売り込みはなかったと信じておきたいが。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-29 18:44 | サッカー

過密スケジュール

浦和が初戦で姿消す大波乱…愛媛が金星
敗因は過密スケジュール以外のなにものでもない。
ちょっと前のエントリーでも書いたように、レッズのリーグ制覇のための関門は、グランパス・エスパルス・アントラーズと続く対戦と、その合間のACL決勝、天皇杯だった。ACL決勝を勝ち抜いたものの、やはりもうボロボロのレッズに、ここを乗り切る力は残っていなかったようだ。この調子では、1日の横浜では悲劇が待っている。
----
闘莉王は、
中途半端。勇気を持って、休ませる時は休ませないと
と語ったそうだ。阿部投入への監督批判に思える。累積で最終戦に出場できない闘莉王にしてみれば、阿部を休ませて、28日の予選をしのぎきることが、自分のミッションだという思いがあったのかもしれない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-29 09:32 | サッカー

騙されてはいけない

巨人 福留に13年越し“愛”アピール
ジャイアンツが今の福留を欲しい気持ちはわかる。しかし、
巨人にとって福留君の獲得は95年からの悲願
これはウソだわ。
福留獲得の可能性があったドラフトで、ジャイアンツは上原と二岡を逆指名で獲得している。その前年は、高橋由伸を同じく逆指名で取っている。しかも松井が居た。そのときには、ジャイアンツは福留が絶対欲しいわけではなかったのだ。どうか、騙されませんように。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-15 11:20 | 野球

AFC 年間最優秀プレーヤ

オフィシャルホーム・オブ・アジアンフットボール - AFC年間アワード
候補の選手が発表され、日本からは、ガンバの遠藤とレッズの小野が選ばれている。遠藤はいいとして、なんで小野?
これにノミネートされると、今月28日のシドニーに行かないといけないという問題があって、リーグ戦が残っているのに、困った話でもある。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-14 12:38 | サッカー

決戦の12月1日(になるといいな)

J2降格圏+J1昇格圏の観察
題のようになればいいな・・・と、J1も残り3節。
ACL決勝と天皇杯予選を残し、リーグ制覇もかかる、浦和レッズにとっては、過酷な日程と、次節・次々節の、清水エスパルス・鹿島アントラーズという強豪との対戦が、関門となる。レッズがここを、1分1敗以下(すなわち勝ち点1以下)で終えると、FC東京・ビッセル神戸を粉砕する予定のガンバ大阪が勝ち点で並ぶ。この展開の場合、レッズに勝つか分けることになるアントラーズもそれなりに勝ち点を伸ばすので、最終節に一昨年を彷彿とさせる、ドラマがやってくるかもしれない。3つ巴の優勝争い。
もちろん、そうなれば、得失点差でガンバ優位は揺るがないのだが... ガンバの最終節の対戦相手は、熾烈な17,16位争いの渦中にあり、このままでいくと、その試合で負ければ降格なんてことになっているかもしれない、サンフレッチェ広島で、ここもタフな試合になることは間違いなく、応援に行きたいところ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-13 12:14 | サッカー

福留の右ひじは?

福留FA正式発表
福留は、足と肩にも魅力がある選手だけに、どこの球団でも支払える金額内で契約できるなら獲得したいだろう。しかし、ケガが多い選手でもある。
フル出場は、これまでに2シーズンに留まる。今シーズンは夏以降離脱し、昨年も、オールスター前からオールスターの期間を欠場した。福留には松井秀喜のような頑丈さがない。
福留の状態をもっとも間近から、しかもシビアに見ているであろうドラゴンズが、現状維持もしくは、4年総額17億円という条件提示をした背景には、岩瀬の待遇とのバランスだけでなく、このケガが影響していると思われる。

金本の後継を考える時期にいる阪神も福留が欲しい。オファーを出すということは、ドラゴンズ以上の数字を出すということだから、それなりの数字は出すだろう。また、ジャイアンツがメジャーへの流出阻止を掲げ、破格の提示をする可能性があるとも報じられている。しかし、そうそう高橋由伸との契約内容を大きく上回ることができるのだろうか?いくら福留が由伸より若いとは言っても、そこに疑問が残る。(まぁ、由伸には、最初にドカンと払っているんだから・・・ということかもしれないが)
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-13 10:00 | 野球

あべこべ

<小沢代表>辞意撤回し続投 「連立考えず総選挙がんばる」
どちらかと言えば手続きを踏み、公開の場で議論すべきことを、首相と密室で2人きりで済まそうとし、一方で、党首の進退を党の執行部に預けるという、いわば党内問題を、おおっぴらに記者会見してしまう。やはり、この人(たち)は人をバカにしているのだと思う。
------
大連立構想の根っこにあるものは、小選挙区に懲りた自民党の中選挙区復活を目指した小細工だと思うが、現状での中選挙区は、公明党に政権選択権を与えかねないので、やって欲しくない。が、もし、共産党が、共産主義の旗を降ろし、社民党がまともな政党に脱皮して、護憲・社民勢力の結集が可能な環境をつくるなら、悪くないかもしれない。(この2党は、どうも、無理っぽいが)
-------
前原・小沢の関係が、このドサクサで修復したという話もあるようで、民主党は、実際に雨降って地固まったのかも?こっちが固まって、あっちが崩れている可能性はあると思うが、ここも、個々の優秀さのわりに、ダメダメなのは、単に歴史がないから?だけではあるまい。なんで、こんなん なのだろう...
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-08 00:55 | 時事

小沢に救われた格好

<鳩山法相>「日本にテロリストがいる」と発言
友だち(知り合い)がアルカイダの、現法務大臣が、今度は
テロリストの怖いのが平気で日本をうろうろしている。
とおっしゃっている。確かに、いるかもしれないが... 地元のお祭りという、これを言うべき場ではないところで、それを言っているので、この人の頭の中は???
-------
民主党の党首が自爆テロもどきの、党首会談・辞任の道を走っているので、鳩山くにおの発言がふっとんでしまって、この人のクビがつながったことになるかもしれない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-05 08:33 | 時事

優勝もぶっとぶ山井交代

中日が53年ぶりに日本一
おめでとうドラゴンズ。勝てて良かった~

山井は、スライダーがキレているときは、そう簡単に打たれる投手ではない。昨日のピッチングには、幸運もあったが、結果はフロックではない。
パーフェクトで、日本シリーズを決めるという興奮は、松坂が甲子園のVをノーヒットノーランで達成したときや、バファローズの北川がサヨナラ満塁ホームランで優勝を決めた以上のものだっただろう。
この瞬間だけは見なければならないと思って、9回の表にワンセグを入れてみた。が、マウンドには岩瀬が居て、さすがに唖然とした。それにしても、岩瀬は流石だ。あのシーンはしびれただろう。

山井続投で負けて、流れが日本ハムに行ったら、取り返しがつかない。シーズンを通して守っていたパターンを崩したくない。落合監督は「勝ち」にだけこだわった。僕はこれはこれで良かったとも思う。
玉木正之は怒っているというが、それは結果が成功だったからこそ言えることなのだ。もし、続投で敗戦していれば、シリーズの行方を左右したに違いない。続投が敗因となる。
しかし、もし、岩瀬が打たれていたら、そのダメージはさらに大きい。継投を決断するには、このダメージの責任を取る覚悟が必要になる。小心では、これはできない。そうとうな確信と覚悟がなければ、あの場面で岩瀬へ継投できない。
それだけの信頼を得ている岩瀬の凄みと、落合監督の精神力を見た気がする。これもまた、野球の醍醐味。
----
↓ でも書いたが、日ハムはゆるかった。山井が、いっぱいいっぱいでも、マメがつぶれていても、たぶん、完全試合は達成できたんじゃないかな~とは思っているんだけど。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-02 08:33 | 野球

王手

<日本シリーズ>中日が3連勝、53年ぶりVに王手 第4戦
悲願の日本一まで、あと一勝。
できれば、そのマウンドは川上憲伸に託したい。山本昌にもマウンドに立ってほしいが... 
ポストシーズンの、ここまでの堅実な試合の進め方からすると、やはり今日は山井だろうか。昌の登板もないな。
もう後のない日ハムはダルビッシュで来るだろう。中4日は不安要素となるが、全体的にユルイこのシリーズの日ハムで、ダルビッシュだけは、熱く締まってもいる。熱いこいつの球はそうは打てないから、山井には踏ん張ってもらわないといけない。できることなら、札幌へ行かず、このまま名古屋ドームで決めて欲しいものだ。相手がユルイうちに決めてしまいたい。

前に、ダルビッシュとグリンで、4つ勝てる日ハム優位と書いたが、思った以上に、チームにゆるい空気が蔓延しているようだ。これではダメだ。日ハムのこのユルサの原因は、もちろん、先日のヒルマン監督のロイヤルズ就任の会見にあり、梨田の日ハム就任会見にもある。そのうえ、GMまでヤクルトの監督に就くことが発表されている。そこで、シーズンが終わってしまっていた。
[PR]
by tosh3141 | 2007-11-01 10:33 | 野球




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧