最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

利用される裁判と

当時18歳の元少年(26) なんて書かずに 単に被告、でいいではないのだろうか。被告の氏名に関してはいろんな意見があるわけだけど、そういうこととは無関係に、元・少年ってのは、なんか変。

それはさておき、
この事件に関するブログをよんでいると、弁護士軍団の評判が悪い。確かに、弁護士たちは、この被告を弁護ではなく、死刑のハードルに関する相手のない争いをしているように見えているのだ。(実際にそうなんだろうと思うし)
この被告の死刑が確定することは、死刑のハードルを下げることになる。死刑廃止を主張する立場からすれば、ハードルが恣意的に下がることなど、もってのほかだ。だから、阻止したい。そして、この被告の裁判を、つまりは、死刑廃止運動の一環としてやっているんじゃないか?と、しかも、なりふり構わずやっているんじゃないか?ということで、弁護士たちが非難されている。
しかし、逆の意図、本村さんのやり場のない怒りを借りて、厳罰化を推進したい人たちの意図が働いていることも想像できる。ハードルを下げるために、ここを利用している人は、この弁護士たちと同じ穴のムジナなのだ、いや、利用しているものが被害者感情であるだけに、実はもっと冷酷でむごい精神のムジナであるような気がしている。

この3日間の審議は本村さんにとってはさぞかしつらいものだっただろう。この被告の言っていることは、関係のない人でも嫌悪感を覚えるものであって、被告の反省や被告の生い立ちへの憐憫を感じさせるものではない。しかも、これまでの裁判などを通じて、この行為にいたった被告の感情などは関係なく、事実としての犯行が認定されていて、それへの罰が無期懲役か死刑かという裁判であることもわかっているのだから、ホントに「何をやっているんだか・・・」と思われて仕方ない。

どうして、弁護側は、これまでの判例、犯行当時の被告の年齢を考えて、死刑相当ではない、というあたりまえの主張をしないのだろう?
これまでの判決がそうであったように、司法の判断は無期なのだし、いかに被告に語らせても、事件の重大性、赤ん坊を殺す残虐さを考えれば、この被告に有期の懲役はありえないだろうし、いまから精神鑑定しても、当時は責任能力がないとして、無罪なんてことには、ならないと思うわけで、この3日の審議から見えてくる弁護側の方針には疑問を持たざるを得ない。
<光母子殺害>弁護側が犯罪心理鑑定で証人尋問
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-29 13:09 | Misc

この裁判の目的は?

最高裁からの差し戻しにより、あらためて裁判が行われている.
僕はこういうことは、まったくの素人なので、よくわからないのだけど...

最高裁の判断は、量刑が不当だといっているわけで、つまり、高裁で死刑にしなさい、ということとなる.死刑の適用に関しては、最高裁のいわゆる永山事件の判例があるから、この事件はその判例に従えば、無期は法的に妥当である.しかし、最高裁はこの判例は改めずに、高裁で死刑の判決を下しなさい、という選択肢を示すことで、この事件を、例外的に死刑適用案件と判断したのでは?と思う.
となれば、当然、弁護側は反発するだろう.大弁護団を組んでこの裁判にのぞむ背景も理解できる.これがまかり通れば、判例はなんやねん?となってしまう.

法定戦術は、しかし、怪しい.
法の秩序、判例を問うのではなく、これでは、被告の異常さをもって、責任能力の面で死刑を躊躇させようとしているように、みえてしまう.弁護士は被告の言い分を弁護するのが仕事なので、被告が変なことを言うことも、受け入れなければならないだろうが、これでは事実がよけいに見えなくなってしまう.
もし本当に、事実をごちゃごちゃにし、被告の責任能力を曖昧にして、死刑を回避させる弁護方針だとしたら、それは、本当に死刑廃止の立場を推進することになるのだろうか?

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-28 12:54 | Misc

代表5人、ユース代表1人

前田!播戸!寿人!生き残りアピール弾
バレーのケガが重傷で、内転筋の肉離れで3週間の見込みとなってしまった。次節、大宮戦は、播戸・マグノの2トップが久々に先発することになるが、代表合宿でアピールした播戸が予想を覆して、アジアカップに行ってしまい、闘莉王と水本が落選した穴埋めに橋本も当選することになると、実にガンバはユースでカナダ遠征中の安田を含めて、7人を欠いてナビスコのレッズ戦にのぞむことになってしまう。さすがに、キツイや。
相手も阿部、鈴木啓太、坪井が抜け、闘莉王もいないはずであるが、さすがに、遠藤、加地、家長、橋本、播戸、安田、バレー抜きの布陣で勝てるだろうか・・・ 全タイトル獲得に向けての正念場がやってくる。
-----------------
闘莉王と水本の召集がないことを名言したオシム監督であるが、これで、CBは中沢とケガの多い坪井の2人となった。アジアカップでは、相手のFWにマンマークでつくような試合になるだろうから、中沢+(坪井、阿部、今野)から1,2枚という形でしのげるとは思うが、大会が始まってからのケガ、コンディション不良に備えるには、やはりもう1枚、CBが必要だろうと思う。

ここはやっぱり松田直樹の出番、と思いたいが、年齢とマリノスでの出場機会から考えると、松田はなさそう。チーム成績やここ数年の安定度を評価して、鹿島の岩政、ガンバの山口智、あたりが有望に思うが... もっとも、オシム監督の腹は決まっているようだ。合宿メンバーから23人が選ばれるような雰囲気だ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-28 09:10 | サッカー

寄付

歴代厚相の金銭負担は困難 柳沢厚労相
こういうのは寄付とは違うだろう。
コストを支払うのでもなく、懲罰的な側面が強いと思うのだが、筋だと思うならば、歴代厚生大臣にも突き合わせ作業をしてもらってはどうか?
#さらに間違いが増えるというオチがつくかもしれないが.
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-26 15:37 | 時事

どうせ返上するなら

<年金問題>「全職員、賞与の一部自主返納を」社保庁長官
首相も首相なら、社会保険庁も社会保険庁だ。
まじめに働いている人に、賞与返上させても問題は解決しない。お金の問題だけど、お金だけの問題ではないから、より大きな怒りが渦巻いているというのに。
ボーナスを返上しても、何も困らない人が、ボーナスを返上しても空しいだけだろう。

---------
で、どうせ返上するなら、問題が解決するまで、
 「私たちは年金をもらいませんし、OBの年金を停止します」と、年金を返上してみたらどうだろ?
あるいは、年金もらっているOBに仕事してもらうとか.
まぁ、こういうのも、どうせ天下って退職金、しこたまもらってる人が言っても説得力ないんだけど...

そもそも、上が問題に対するリアリティを持ち合わせていないことが、より解決を遅らせている。年金がない、という状況をリアルに感じてもらうことが、いいんじゃないか?と、そんな次第。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-26 08:54 | 時事

普通の先生

ヤンキー先生の後任決まる 参院選立候補で
ヤンキー先生が参議院選挙に出るので、委員が交代することになり、次は通称、オール1先生なのだそうだ。ヤンキーもオール1も、そんなに威張れることではないのだけど、そこから教職についたという、ある種の成功物語が教育再生会議のメンバーには大事なのだろうか...
家庭環境に何かあっても、ヤンキーにならない人がたくさん居るし、いじめにあって苦しんでもオール1の落ちこぼれじゃなく過ごしてきた人はいて、そういう人は、たぶん普通の人として、普通に世の中で活躍しているような気がする。オール1先生からは、プロフィールが妙に劇っぽい、ヤンキー先生のような胡散臭さは、あまり感じないので、理系の高校の先生がこの会議のメンバーになったことには、期待感も持つのだけれど、人選する側のセンスには疑問を持たずには居られない。

現場の人を委員に選ぶなら、普通の先生(普通を定義することは、えらく難しいかもしれないし、普通のものを選ぶことも、難しいだろうけれど)がいいじゃないか。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-25 17:54 | Misc

J1のスケジュール

オシム監督がっくり“前倒し合宿”来たのは…10人だけ!
中村俊輔と高原のほかには、8人(西部、矢野、佐藤、駒野とジェフの巻、山岸、羽生、水野)しか集まらなかった(集まれなかった)というニュースである。
このうち、矢野は、土曜日が千葉で試合だったので、なにも、千葉->新潟->千葉と移動するくらいなら、帰らずにそのまま合宿入りという、パターンだろうと想像でき、広島の2人も、神戸->広島->千葉、くらいならば、神戸->千葉 ってことだから、当初から24日の千葉入りが予定されていたのではないか?と思う。実質的に、予定を繰り上げて参加したのは西部だけかもしれない。集まった選手を称えるなら、西部を誉めよう。

ホームで試合のあったガンバ、首都圏にホームのある、FC東京、レッズ、フロンターレ、アントラーズ(鹿島を首都圏というと異論もあるだろうが...)の選手は、やはり予定変更はストレスになるだろう。オフで正解。休み無しはキツイものだ。

-------------------
J1のスケジュールが問題だ。
20日に試合をしたのに、23日も試合を組んでいる。水曜日に試合がある前の週は、土曜開催として、その週は日曜開催にしたほうがよいのではないのだろうか。FC東京が息切れして、ガンバにいいようにやられたことも、日曜・水曜・土曜の強行スケジュールが影響していたかもしれない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-25 13:59 | サッカー

医師養成

<医学部定員>「削減」の閣議決定、5党が「見直すべきだ」
医師の数に関して、
野党3党は「絶対数が不足」、与党2つと、国民新党は「地方や診療科によって不足」
と異なる認識を示している.データがしっかりしていないのか、聞き方が悪いのか、政争の具としているのか、何だろういったい。
医療は争うべきテーマではない。正しい認識を共有すべきだろうし、その上で対策を講じて欲しい。教育も然りである。
---------------
医学部の定員を一律に論じても仕方ない。医学研究と医師養成はおそらく不可分であるが、18歳からほとんど医師にしかなれない医学部に進学するという現在の医師養成コースはそろそろ見直してはどうなのだろうか。
いわゆる教養課程の修了者が20歳なり,22歳なりで、医師養成の専門職大学院へ進学し、実践的な医師の養成課程を修得するような方式がよいと思う。
それに、もちろん、入学時点からあまりに専門に特化しすぎるのもよくないとは思うが、教員養成コースでも、社会科とか理科とか、学科ごとに募集しているのに、医学部の入学時点の募集はあまりにアバウトだろう。いまどき、医者ならなんでもいい、なんてモチベーションで医者になってもらっても困る。
内科コース、外科コース、のように、ある程度のコース別募集と教育を考えていくほうがよいような気がする。公明党の、
医療の高度化や集約化に対応する
という主張の意図はわからないが、そろそろ、すべてひとくくりの医師という資格というわけにはいかないような気もする。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-25 09:06 | Misc

いまも彼は安達先生の夢か?

自民、ヤンキー先生を擁立 参院選比例代表で
彼は胡散臭い。
僕には、この義家弘介さんという人が、いったい何をした人なのか、あまりよくわからいが、昨今の発言と顔から受ける印象は、これしかない。胡散臭い。
経歴を見る限りでは、塾講師のバイトの後、母校の教員を6年つとめたようだ。その後、ドラマの影響で有名になったことで、ポピュリストの市長の手で教育委員に就任した、ように見える。そして、やはり、人を見る目のなさそうな首相によって、参議院議員になろうとしているということのようだ。
-----------
たぶん、比例名簿に彼を載せれば、自民党は新たな爆弾を1つ抱えることになるだろう。(まぁ、僕は安倍政権はまっぴらゴメンなので、爆弾は抱えてもらっても困りはしないが・・・)
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-24 19:21

ヒマなのかも...

特待生制度は認めるべき 自民党が日本高野連に提言
いやぁ、自民党に高校野球特待制度問題小委員会なんてのがあったとは・・・
国会議員が議論するようなことなのかしら、これは。
提言の内容自体は、悪くないと思うけど... 
必要悪っぽい部分もある高校などのスポーツ特待生の制度を、おおっぴらに国会議員が提言するな、という気もする。

提言では、
将来的にプロ、社会人、学生を統括する団体の設立も視野に入れ、野球界全体が話し合うべきだ
としているようで、これはよし。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-21 12:47 | Misc




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧