最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
お気に入りブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

民主党の都知事戦2

菅氏待望論高まるばかり 本人は「国政」を希望
菅直人自身は
今、私が国会からいなくなったら一番喜ぶのは安倍晋三首相と中川秀直自民党幹事長だ。2人が喜ぶことは絶対にやらない
と言ったそうだが、喜ぶ人間は民主党にもたくさん居て、1つ前も書いたけれども、待望論の出所もそこだろう。菅直人に居て欲しくない人間が、国政から追い出そうとしている。

海江田万里や小宮山洋子で、石原慎太郎に勝てるわけもなく、現在もテレビに出ている有名テレビキャスターを担いでもそれは同じことだろう。有名人のカテゴリーで慎太郎に勝てるとしたら、久米宏か北野武ではないか?と僕は思ったりもするが、都民じゃないので、わからない。浅野史郎では、有名さで劣り、顔も普通で、元官僚という点も中途半端。勝てる可能性がどこにあるのか、よくわからない。

慎太郎が、身びいきが過ぎて自滅する可能性はもちろんある。というか、あの強気さがなければ、とっくに終わっていておかしくないような問題を抱えているのだ。相手は、ただのバカで、昔売れた小説家であって、弟の遺産で選挙を戦う、74歳のおじいさんなのだ(その証拠に石原軍団の応援を受けている)。
能力抜群の政治家でもなければ、バリバリの行政手腕を持つわけでもない。民主党は、勝てない候補でいいから、しっかりした実績のある人(すなわち、民主党として、説得力のある候補)を立てて、堂々とわたりあえばよい。
都民はバカじゃないはずでから、普通に戦うことこそが最大の選挙戦略になるはずなのだ。

------------
下のエントリーには
民主党としては、民主党がコントロールできない田中康夫を担ぐことに、ネガティブなのだろうけど、田中康夫を担いでおけば、全体でみればプラスでは?という考えに基づくものです。
しかし、石原批判票を共闘で取り込む路線がない以上、民主党は都知事選で負けるでしょう。このこのエントリーでは、負けることを前提に、負け戦なのだから、堂々と王道で戦えば?という意見を言ってみました。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-26 11:28 | 時事

民主党の都知事戦

都知事選へ菅氏以外の候補擁立に努力
記事では、
党内には菅氏への出馬待望論が強まっているが、小沢氏は「民主党が政権取りに向かう中で欠かせない男だ。これからも国政でやってもらいたい」と明言。
とあるが、民主党のなかにある「菅直人への出馬待望論」って、実は、民主党の一部による、菅直人 不要論なのではないのだろうか。菅直人に居て欲しくない勢力が、いっちょあがりで、追い出したいということだけの待望論であるから、菅自身は、否定に躍起ということなのだろう。そんな民主党の現状が見えるうちは、他に名前の挙がっている人の中に仮に意欲がある人がいても、危なっかしくて、担がれるわけにはいかないという、そういう構図に見える。
失点だらけの、高齢の慎太郎知事は、本人が推薦を断っても自民党なのだから、野党共闘で 若くて実績のある人物をたてれば勝ち目はあるし、もし勝てれば、その知事の任期のうちには、衆議院選挙もあって、その選挙では、都知事を担いでいるだけでも、それは(その知事がよほどの失態をやらかさない限りは)プラス材料になるだろう。

しかし、もはや、共闘の芽はなく、慎太郎が自民党の推薦を断った。すでに勝負はついたかもしれないわけで、いまから、候補を擁立しても手遅れだろう。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-20 19:49 | 時事

支持率

「首相に対する尊敬の念ない」 森氏、内閣立て直し求める
果たして、森喜朗は安倍晋三を尊敬しているのだろうか?

支持率が低迷しているのは、そう見えているだけで、実際には、こんなもんのはずである。
小泉内閣の支持率が異常に高く、後継の安倍内閣も、発足時の支持率が異常だったから、低迷したように見えてしまうが、歴代の内閣の支持率をみても、小渕内閣で25%くらいから40%くらい、森内閣が30%程度から10%へダウン、安倍内閣でも、安倍に小泉のような狂気は見られないから、所詮はこんなもんのはずだ。

自民党は議会では、圧倒的多数を占める政権与党であるが、自民党の支持率もだいたいそんなもんだし、選挙の際の母数を有権者総数とした場合の得票率も、そんなもんである。国民の30~40%の支持しかない政党の、ざっと70%くらいから支持されている首相の支持率なのだから、世論調査の支持率が30%やそこいらであることが普通なのであって、いまでも、高すぎるくらいなのだ。
そして、もう、めっきもはげてしまっているから、リーダーシップを見せようが、閣僚が代ろうが、支持率の急上昇はありえない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-15 11:35 | 時事

新幹線の新型車両「N700系」のふれこみは、
地球温暖化防止にも大きく貢献する次世代新幹線「N700系」
というものだ。
これは、嘘だろう。

CO2の排出が、温暖化につながっているとするならば、N700系が温暖化防止にも大きく貢献するためには、走りながらCO2を地中に固定化するとか、猛烈な勢いで光合成しながら走行するとか、しなければならないはずだ。そんなことができるわけがない。

N700系ができることは、従来の車両よりも少ないエネルギー消費で走ることのはずだ。
その電力が火力にせよ、原発にせよ、エネルギーを食って走るのであって、CO2を減らすことに寄与できるわけがない。増やしこそすれ、減らすわけがない。
どんなに頑張っても
 地球温暖化促進に寄与する次世代新幹線「N700系」
であり、せいぜい、従来の車両よりも促進する度合いが小さいだけのはずだ。
--------------
僕は、CO2の増加が温暖化を招くという 議論が単純に正しいとは、あまり思っていない。
また、現実に、新幹線は必要だろうし、必要なものである以上、そのエネルギー消費を小さくしていくことは非常に大事なことだと思う。だから、N700の投入は、間違いではないと考えている。
しかし、
 N700系が地球温暖化防止にも大きく貢献する
といううたい文句は正しくない。宣伝文句が、こんな嘘ではいけないと思う。
自動車会社も同様の嘘をよくつくが... JRも彼らも、スポンサーなので、マスコミに叩かれることはあまりない。
----------------
新型車両も結構だが、速度を少し落とすことを、そろそろ考えてはどうだろうか?
時間で飛行機にかなわなくても、輸送力は格段に新幹線が高い。少しくらい遅くなっても、十分に競合できるはずだ。そして、速度を少し下げれば、それなりの省エネ効果が得られるのではないか?

JRが、地球温暖化防止に貢献することは、本質的に難しいことだ思うが、せめてもの省エネで、温暖化促進に寄与する度合いを下げていきたいのなら、スピード競争からも足を洗うことが必要だと思う。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-14 19:22

合宿メンバー

代表の合宿に参加するメンバーが発表された

GK: 川口能活、山岸範宏、川島永嗣、林 彰洋
DF: 中澤佑二、坪井慶介、闘莉王、阿部勇樹、今野泰幸
MF: 橋本英郎、羽生直剛、加地 亮、遠藤保仁、中村憲剛、鈴木啓太、駒野友一、
    野沢拓也、相馬崇人、佐藤勇人、田中隼磨、山岸 智、藤本淳吾
FW: 播戸竜二、巻誠一郎、我那覇和樹、高松大樹、佐藤寿人、矢野貴章

中澤の復帰も驚くが、阿部と今野が最初からDFとして選出されていることもオドロキ。

つまりは、中盤の底は鈴木啓太で、それと競うべき選手として、今回は橋本英郎が試されることになったのだと思う。
橋本は、ガンバの中盤での、この数年の活躍がやっと評価された。けれども、昨シーズンなどは、むしろ明神の方が効いていたとも思う。明神は、超古井戸かもしれないが(若いんだけどなぁ)... 

新しい、でもJ1で実績のある選手を何人か初招集するという話だったが、それは、橋本、藤本、矢野の3人だったようだ。
J1で実績を積んでいる選手2,3人と、サントスにかわる、サントスよりもいい選手は、重なると思っていたので、てっきり、服部公太が選ばれる と思っていたけど、ある意味、順当に相馬崇人だった。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-14 16:10 | サッカー

竜のアキレス腱

中日が中村獲得へ 年俸は400万円か
どういういきさつがあるのか、わからないのだけれど、これまでもドラゴンズは、トラブルから居場所を失った選手の救済をしてきている。今回の中村ノリの獲得も、その流れからすると落ち着くところに落ち着いた感もする。
----------------------------------
右打ちの、ノリを欲しいという背景はわかる。
サードに森野と立浪が居るということで、いぶかしむ声もあるが、問題はむしろファーストだろう。ドラゴンズ3年目、今年で38歳になるウッズが、故障も退場沙汰も起こさず、フルシーズンを活躍できるかどうか、ドラゴンズのアキレス腱の1つは右打ちの怖い打者がウッズしかいないところだから、もし、そのウッズがアテにならない状態だとしたら、ノリを獲得という、今回の方針変更はうなずける。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-14 11:33 | 野球

犠牲

<東武東上線事故>女性救助で重体だった巡査部長、死亡
職務をまっとうした中での死。お気の毒としか言いようがなく、ご冥福をお祈りしたい。ご遺族はさぞかし無念であったろう。

----------------

あんな踏み切りでは、猛烈なスピードで走る電車から人を遮断することなど、できっこないわけで、このような痛ましい事故が起きる根本にあることは、鉄道を高架なり、地下なりを走らせていない、などのインフラの未整備の問題なのである。
今回の事故は、高架であれば防げたはずだし、まともな進入警報システムがあればどうにかなったかもしれず、電車がすべて各駅停車だったら、止まれたかもしれない、という気もする。

今回の事故は飛び込みでも、飛び出しでもない。
なぜ、通勤などの生活基盤を支える鉄道が、人が入れるような踏み切りのある場所で、運転士が目視で人を発見しても、電車が止まれないようなスピードで、走らねばならないのか?そういう社会のニーズを生み出している背景にあるものは何なのか?このようなことを、行政府は考えていかなかればならないと僕は思う。

総理大臣が、弔問に訪れたらしい。そのこと行為自体には、ここでは何も言わないが、
 本当に誇りに思う
などと言うのではなく、社会システム上の課題に思いをいたらせ、行政のトップとして、詫びるのが筋じゃないのだろうか?と僕には思えてならない。

悲しいできごとの犠牲者の存在を誇り思うことなどできない。
自らの命をかえり見ない精神は、立派だと思う。しかし、その精神を発揮しなければならない場があることは、立派でもなんでもない。
個人が感想を述べるならば、その立派な精神を誇ってもらってもいいが、「場」の責任者は、そういう事がおきたことを恥じて欲しいし、そのようなことがおきない社会の実現を、ただひたすら目指していて欲しい。犠牲者を誇りと感じる感性ではなく、犠牲になったことを申し訳なく思う人が政治家でなければならないと、そう思うのだ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-13 11:53 | 時事

矮小化せず、民主党は地に足をつけた論戦をはれ

<柳沢厚労相>「健全」発言の謝罪、撤回拒否 衆院予算委で
撤回したって、言った事実が消えるわけでなし。撤回拒否で結構でしょう。
この状況はやはり、早晩、辞任やむなしだと思えるし、安倍内閣は、どっちみち、別の爆弾の導火線に火がついている状況にかわりなく、それが統一地方選前に爆発すれば、たぶんオシマイ。
---------------
この問題を、重箱のスミをつついているとか、言葉狩りだとか、言う人も多いようだけれど、そいう風にこの問題を考えることは、政府なり、政党なり、マスコミなりが、本質的な課題から逃げたり、問題を矮小化したり、置き換えたりしていることに、加担するだけではないかと思う。

柳沢大臣の問題は、「言えばどうなるか?」という予測ができない、判断力のなさであって、発言内容がトータルとして間違ってないとか、健全なものを健全と言って何が悪いとか、そんなレベルの話ではない。
もう、適性がないのだから本来、辞めてもらうしかないのに、政局のために更迭できない内閣は、政策よりも政局が大事、というそれだけの内閣だということなのだ。

民主党はチャンスなのに、なぜか、戦いのステージを上げない。
言葉尻をつかまえて、大臣の頭の中を攻撃して、頭が衰えてきている大臣と、そのレベルの土俵で論戦をやってみても、支持を得ることはできない。幕下あたりで、衰えはじめた相手に勝ってみせても、期待が高まるわけではないのだ。

こういうときにこそ、政策をきちんと語り、地道にやるべきことをやっていくことが、たぶん、マジメな大多数の無党派市民の期待にこたえることになるだろう。まずは、選挙のときのそのまんま東を見習ってみてはどうか。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-08 16:39 | 時事

不健全

<柳沢発言問題>「健全」発言に強く抗議 社民・福島党首ら
柳沢大臣は、どちらかと言えば、立派な政治家だと思っていたが、ちょっとボケてきたようだ。
このタイミングで、こう言えばどうなるか?
ということが、予測できないということが、もう根本的に大臣としての資質を欠いている。発言内容の是非ではなく、自分の発言の受け取られ方が予測できないという一点をもって、もう辞めていただくしかない。
彼は、本来、時代錯誤の失言大王でもなければ、世間知らずのボンボン大臣でもない。パワフルで能力のある政治家だったはずだ。しかし、もうその力は衰えたということだ。
------------------------
健全の反対は、不健全だろう。
でも、 
 「A」は健全である。
の反対は、
 「Aでない」は「不健全である」
では、ない。
ではないのに、後者の命題を発言したかのように、批判することは、実はあまり賢くない。

柳沢発言が問題なのは、
子どもを持つか否か、何人の子どもが欲しいか、など、きわめて個人的なことで、それぞれの価値感のもとで、それぞれの人が自由に希望をもつはずのことに対して、政治家が「健全」という価値感で、そのことを評したことにある。件の発言は、
結婚し2人以上の子どもを持ちたいという、極めて健全な希望にフィットする政策を考えていかないといけない
ではなく、
結婚し2人以上の子どもを持ちたいという希望をかなえる政策を考えていかないといけない
でいいはずなのだ。ここに「健全」という自分本位の価値感を挟んで、しゃべっていることに問題がある。
したがって、
 「2人以上産まない女性は健全じゃないのか」
という批判は、実は、同じように問題発言である。
そのことに気が付かない政治家に、僕たちは呆れてしまい、希望を見失い、子どもの将来を案じてしまうのだ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-07 10:23 | 時事

機械の台数

<柳沢厚労相>与党内に辞任論 「産む機械」発言

産むきかいは女性しかない。そして、そのきかいは限られている以上、そのきかいに頑張って産んでもらうしかない。

と言っていれば、この「きかい」は機械ではなく、機会であると言えたかもしれないなーと、不真面目な僕は思ったりもした。

大臣も、機械と言ってしまったところで、しまった・・・と思ったのだろう。でも、
 「機械と言ってごめんなさい」と言っちゃうのではなく、
機転をきかせれば、うまく逃げることもできただろうに...もっとも、そんな機転が効くなら、最初から、機械とは言わないかもしれないが.

というおふざけはさておき、

人を機械にたとえる時点で、品格に欠ける。これは、女性蔑視なのではなく、人間蔑視。彼の選良意識が背景に見え隠れする。そして、世襲の安倍に、この発言の抱える本質的な問題点は見えないだろう。

---------------------
この講演の内容を「たとえ」を持ち出さずにしゃべっても、早い話が
 女性が産むことが、少子化対策だ
と言っている。
このことでも、少子化担当の大臣としては、問題アリアリだと思う。女性が産めば解決するという発想は、女性が産まないから少子化になっているという問題意識があることの裏返しであって、そこがそもそも間違いなのだ。出発点を履き違えているから、こんな発言になる。その意味で、適任ではないことが明白なので、さっさと辞めてしまうほうが、せめてもの少子化対策にもなる(というか、ネガティブな要因をわずかに、ほんのわずかに排除できる).
[PR]
by tosh3141 | 2007-02-01 10:07 | 時事




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧