最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


<   2005年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

謎のポスト小泉

<内閣改造>外相に麻生氏、金融・経済財政担当相に与謝野氏
少なくとも重量級の内閣であることは間違いないところ.


福田康夫はポスト小泉ではない、という予想は当たったけれども、どこにも名前がないところを見ると、福田-小泉はぜんぜんうまくいってないのかも.
山崎拓を 外交の内閣府特命大臣にして、北朝鮮問題に当たらせるというイバラの花道もなかった...日歯連が影を落としてるんかしら.

麻生太郎に外務大臣というのは、これ改革を競って、政権を継承させるという路線からすると、麻生はこれにて、イッチョあがり?
谷垣は財務省を仕切れるのか?力量が問われることになる.増税路線だけを敷いたとしたら、それは改革ではない.

総務省に竹中!
結局のところ、改革は竹中頼み.次の本命は竹中?という気もしないではないが,それなら,やはり,先の衆議院選に刺客として立候補すべきだっただろう.

猪口邦子
大臣にしてあげる...という取り引きで立候補したわけで,でも,希望のポストではなかったかも?女だから、少子化・男女共同参画担当というセンスだとしたら、この問題の問題点を見据えていないことを示している.
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-31 17:29

改革を競う

小泉改造内閣が今夜発足 ポスト小泉配置が焦点
ポスト小泉と目される面々にとっては,今日は落ち着かない一日となるのだろうか?それとも,すでに打診があって,ウキウキと過ごしているのか?
いずれにしても,今夜には発足する第3次小泉内閣は,今後3年ほどの日本の行方を左右する内閣となるはずで,この内閣の布陣が先の選挙の争点となっていなかったことに,マニフェスト選挙の欺瞞を問いたいとは思う.
--------------
首相は「改革に積極的な人物を処遇して競わせる考え」を示しているとか,余り競うものではないと思うが,競うとは,あるテーマに関する改革の実行とその実効を評価するということだろう.巷で噂されるような,
 谷垣 財務大臣 
のような形ではなく,
 谷垣禎一 内閣府特命大臣 財政・税制担当
 麻生太郎 内閣府特命大臣 規制緩和・地方分権担当
のようなスタイルがよいのではないのだろうか?省庁に貼り付けてしまえば,省庁間の交渉ごとになったときに,フェアな競争ではないような気がしてしまう.
---------------
また,小泉は首相は辞めるといっているが,政治家を辞めるとは言っていない.政治家を辞めないならば,ポスト小泉は小泉の院政で無い限り,小泉はこの在任期間に作り上げた政敵のターゲットになる違いない.そして,院政を確かなものとするには,森派を抑えることが,必至で,そのためにポスト小泉に対する森喜朗の影響を排除することは重要だろう.
であるから,森の影響の及ぶであろう,福田康夫はポスト小泉ではなく,共にポスト小泉を操る盟友として処遇しなければいけない.
もう1人の候補,安倍は,今回の郵政でも安倍シンパを多く失ったように,決して,小泉といい関係ではない.また,シンパが郵政で反旗を翻す程度の統率力でしかない.
人気があり間違った期待がかかっているので,ポスト小泉の本命隠しに,安倍は今回の組閣では重用されるだろうが,それだけのことである.自分に向けて弾を放つかもしれない後継者を指名するバカがいるものか.
それでも,安倍が勝負を挑んでいたときのために,世代間抗争を安倍vs旧世代の構造にしない意味でも,赤城徳彦,塩崎恭久,渡辺善美あたりが起用されるかもしれない.

----------------
う~ん...思い切り外してしまったなぁ...
安倍への禅譲路線なのかも?
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-31 09:28 | 時事

吉本はダメで 宝塚はよい?

船場氏、出馬断念も 自民・公明が推薦見送りへ
関市長の突然の辞任にともなう大阪市長選に、突如、大阪市議の船場太郎が名乗りをあげたものの、政党の推薦が得られず,立候補断念に追い込まれる見込み.それはそれで,別にどうでもいいのだが...

船場太郎の所属する自民党市議団は船場支持の様相も見せたが,公明党が「吉本はダメだ」として,元吉本の船場太郎の推薦を 行わないことを決定.国政の自公連立の枠組みが重要な自民党としても,船場支持で固めることができなかったという経緯である.
船場太郎の見識がわからないので,市長にふさわしいかどうか,私にはわからない.
しかし,船場太郎は,市議に当選後,タレントとしての活動は行わず,すでに市議としても4期目である.この間,議長もつとめている.吉本は,市長はダメでも議長はよいのか?少なくとも,そういう理屈はなりたたない.

公明党の参議院議員 松あきら は,宝塚出身である.
補選で川口順子が当選したため,次回の改選で,もし川口順子が神奈川県選挙区から選挙区から出馬すると,松あきらの当選がきわどくなる.ここでは,宝塚はダメだとは,自民も公明も言わずに,川口を比例区にまわすことになると言われている(自民の現職・小林温が出馬すると仮定していますが...).

公明党は「吉本はダメ」で「宝塚はOK」の根拠は何か?もちろん,公明党だから創価学会員であれば,元吉本でもOKなのだろうが,少なくとも,推薦しない理由が「吉本はダメ」はダメダメだ.
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-28 09:19 | Misc

ID

千葉ロッテ・マリーンズ日本一!
マリーンズの4連勝で日本シリーズは幕を閉じた.4戦目こそ接線であったが,1~3戦はいずれも、ワンサイドゲームであった.タイガースには勢いがなかった.
一方のマリーンズはプレーオフからの11試合を全力疾走で駆け抜けたという感じである.
もし,小林雅英の心臓にあと20本でも毛が生えていたら,
ポストシーズンを負け無しの9連勝で終えていたことだろう.

日本シリーズのマリーンズの勝因は,おそらく 統計アナリスト ポール・プポの存在抜きは語れない.タイガースの全試合のビデオもチェックし,徹底的に分析したのだという.まさに,ID野球である.
なんとなく,野村のID野球はアナログデータのID野球に思えてしまうのに対して,このマリーンズのIDは,ディジタルのような気がするのは,単なる錯覚だろうが,監督が気心のしれた 統計アナリストを招聘し,その分析によって,適切な作戦をたてることで,個々の選手の力を平常どおりに発揮させたのだと思う.今江の活躍は,運も味方したと思うが,イスンヨブの活躍などは,例えば,第3戦で下柳とは対戦して調子が狂うのを避けるあたり,分析の賜物に思える.
タイガースには,受けて立つ という雰囲気が満ちていた.予告先発の採用など,余裕を見せすぎたことが災いした.

それにしても
コアラのマーチの無料配布と ロッテリアの半額セール...優勝セールがしょぼい.

----------------------
沢村賞に杉内が輝いたが,正力松太郎賞はバレンタイン だよな?
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-27 09:12

伝統の重みを利用するモノ

女性、女系天皇容認 皇室典範の有識者会議
有識者会議の結論は合理的であるが、これとて、このままでは、あと4,50年が限界の天皇制を、さらに3,40年ほど先延ばしするところまでしか、見通せていない.愛子様をはじめとする、現在の皇室の内親王様たちが、無事にお婿さんをもらい、後継者たる子孫を残さねば、女系容認論は机上の空論でしかない.

もっとも、いまの皇室典範などは、たかだか60年の歴史しかなく、その以前の旧「皇室典範」も、60年程度しか通用していない.60年もたてば,いろいろな状況はまた違う局面にあるということだ.とりあえず,あと 70年くらいは先延ばしが期待できる 今回の有識者会議の結論は,十分なものだと評価していいのだろう.

また,八木秀次が言うように、今上天皇の直系の祖先は、たかだか、119代の光格天皇までしかたどれず、その血筋が、230年ほど続いていることは、まぁ、間違いないことであるが、神武以来の云々で考えれば、これとて,ホンの10数%の歴史でしかない.

しかしまぁ、神武以来の血統も、
例えば,源氏物語などが、当時の公家のスタンダードなのであるならば、何がどう混ざってるか、知ったこっちゃないという気もする.その一方で、50%に近い割合で、庶系の子(正妻の子)が天皇をついでいることからして、男子誕生のための並々ならぬ天皇家のお努め(そういうもんではないかもしれないが)は,見事であり,男系重視をおいそれと捨てることは難しいのかもしれないとも思わないわけでもない.

しかし,男系男子による継承論者は,なぜ,旧宮家からの養子にこだわり,
雅子様と離縁し,再婚しろとか,側室をとり,庶系の後継者誕生を期待するとは,
言わないのだろうか?(そりゃ,いえないだろうけど)

確かに,側室は現代の通念にあわないだろう.しかし,実際には,愛人の子を認知することは,そんなには珍しいことではないし,離婚・再婚・出産も通念にそぐわないと言い切れるほど,稀有なお話ではないはずだ.
遠縁からの養子も珍しくないかもしれないが,旧宮家など,世間の感覚では,赤の他人同様,旧宮家から、養子を取るという案もまた、決して、現代の通念にはあうとは言えない.
どうせ,電波的なことを,しかし伝統を守ることは大事なのだから,ここは,恥を忍んで,
離婚や側室を主張してみてはどうなのか?
それとも,それを主張するだけの勇気も狂気も持ち合わせてはいないのか?
神武以来の伝統を軽々しく捨てるべきではない...という,どちらかと言えば,狂気に近い発言を(現に,われわれは,いとも簡単にいろいろな伝統を放棄してきている)するわりには,主張していることは,戦前への部分的な回帰にすぎないように思えてならない.


しかし、まぁ,これとて、男系男子による存続の決定打ではない.
子どもができるかどうかも,そして,それが男子があるかどうかなど、神のみぞ知る(現代の技術をもってすれば、操作可能かもしれないが)世界だからである.天皇は神だから知っている?わけないし.
いずれにせよ、 我が直系の男系の子孫のみで未来永劫,代々天皇を務めよ  なんてことは、生物学的には成り立つわけはなく、何かしらの力を作用させて、ナントカつなげてきているのが、伝統であるのだ.すなわち,存続の危機にあたり,その存続を願うならば,現代の倫理や通念が、受け入れ可能な作用をもって存続をはからねばならないし,それでも,存続が困難であれば、あきらめればなるまい.
本当に,存続することが至上命題であるならば、多少は倫理も通念も踏み外してでも、より確かな方法を採用するしかないだろう.

有識者会議の結論は、その意味で,倫理や通念にできるだけ配慮して、皇室の当面の存続をあきらめずに済む方策を提示したといえる.内親王は8人もおられるわけで、誰かには婿も取れれば、後継者も生まれるだろうと、期待して、次へバトンを渡すというのだ.

男系男子を主張する人たちの多くは,自らの思想や学問の維持のための 男系男子の主張に思えてならない.
男系男子優先が至上命題なら、(精子の検査をすることも必要だろうが) その可能性があるなら,やはり、今上天皇・皇太子・秋篠宮のY染色体を継ぐ子どもの誕生の可能性を追求する主張をしてみてはどうなのか?
しかし,これは,他人の性生活の問題でもあり,あるいは 医療の倫理であり,夫婦の問題である.ここへ切り込むような主張はせずに,旧宮家から養子をとるなどという,オルタネイティブを提示することしかできないのは,なぜなのか?その理由が聞きたい.


Y染色体やDNAで,あれこれ言うなら,ヒトゲノムの解読もほぼ終結したこの時代,世のわれこそはと思う,男子のそれを検査して,今上天皇のそれとの適合度の最も近い某を後継者に据えればよいだろう.光格天皇の時代や,継体天皇の時代でも,そのような技術があったら,当時の識者はその方法を選んだかもしれない.
明治天皇以前の天皇のご落胤の男系子孫だって,いないとは限らない.探してみてはどうか?そうすれば,歴史の容認する10親等くらいの隔たりのある後継者となりえるだろう.
-----------
引き合いに出される 光格天皇であるが,調べてみると,
先代の後桃園天皇は22歳で崩御している.内親王が1人残されているだけだったようだ.その内親王,赤ん坊であって,当時の乳幼児の死亡率からして,無事成人できるかどうか,誰にもわからない.そんな中で,10歳にも満たない,現に皇族でった光格天皇を,危篤状態の後桃園天皇の養子に迎え,次の天皇に即位させた.そののちに後桃園天皇の内親王の結婚した.その時,天皇23歳,皇后16歳.いまとは,ぜんぜん状況がちゃうんとちゃうか?
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-26 17:50 | Misc

猫だまし参拝

<靖国参拝>閣議決定「小泉首相の公約ではない」
もしかして、
8月15日に公的資格で参拝することが公約だったのかも?
いまの参拝は、この公約もどき違反を、隠すための 猫だまし参拝 とでも、名づけれよう.


確かにあとのとき、小泉首相が約束したことは、ほとんど守られてはいない.
が、
相応の努力のあとと変化は見られ、少なからず、そのことは評価され、首相の支持率は高値に安定し、選挙では自民党は圧勝した.
のでは、ないのだろうか?

「内閣総理大臣の公的資格での参拝を公約したものとは理解していない」
いまさら、これはないで、ほんまに
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-26 09:48 | 時事

hide MUSEUMの再開をお願い

大阪高裁の靖国違憲判決 (2) - 国交省宗教化のシミュレーション
靖国に触れるとブログの価値が上がるとのことなので、ちょっと書いておこう.
----------------------
首相の靖国神社参拝は違憲である.
憲法20条を素直に読めば、違憲と判断するのが妥当だろう.

特に靖国参拝に賛成の諸君は、 
  公的参拝であり、違憲である 
とした大阪高裁の傍論で示された判断には満足なのではないだろうか?
逆に、首相の2001年8月13日の参拝を私的と断じた、2005年9月29日の東京高裁の判決などは、許しがたいと感じているだろう.神社への往復は職務との関連性があるとしたものの、参拝そのものは、
  内閣総理大臣 小泉純一郎
と署名までしているのに、たった3万を私費(ったって、小泉の私費は元をただせば税金のはず)で支払ったばかりに、私的参拝とした判決である.
ちなみに、ほとんど神社を往復しただけ・・・今回の参拝は、東京高裁の論理でいけば、公的部分の比重が増したとも言える.よかったね?
---------------------
首相が家族?にクリスマスプレゼントを渡すのは違憲ではない.ただし,有権者にクリスマスプレゼントを贈れば,公職選挙法に抵触するだろう.
X-Japanのファンである首相が黒ミサに行き、Toshiの歌声に熱狂しても、文句は(そんなには)ないだろうが、ホームオブハートの自己啓発セミナーに出席して、Toshiの歌声に陶酔してしまっては困るはずだ.

靖国参拝を首相の内心の自由として、賛成する人たちは、
一般の国民と同じように内心の自由とその自由な内心の発露としての行為が保障されているような首相を行政府のトップに抱いて安心なのだろうか?
かの首相の配下には、警察もあれば、重装備の世界でだいたい20位ともいう強さを誇る自衛隊もいるのだ.世界ランク20位というと、FIFAランキングでは、クロアチア、コスタリカやイランである.相当強いぞ、これ.

本当に、首相に 自由な内心の発露としての行為がなんでも保障 されていていいのか?首相の内心が、日朝首脳会談で金正日と握手したときに、金正日と入れ替わっていたらどうするというのだ?(昨今の自民党を見ていると、あながち冗談とは思えないだろう?)
おかしなことを言ったり、おかしな振る舞いを見せたら、即刻、弾劾されなければならない.その仕組みがあるからこその、民主国家なのである.
小泉首相の言動は、靖国に限らず、
 年金の人生イロイロにしても、
 この程度の公約を守れなかったことは大したことではない 
にしても、かなりおかしい.なぜ、まだ総理の座にとどまっていることができるのか?不思議なほどだ.

早く引退して、
hide MUSEUMの再開に力を尽くしてはどうか?
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-25 13:10 | Misc

読売新聞の記事にすれば?

渡辺会長「堀江氏の背後に武部幹事長」

仮にもナベツネは、読売新聞の主筆を名乗る新聞記者である。その発言がいい加減では困るし、もし言っていることが事実であり、「本当に危ない」のであるなら、読売新聞の記事にしたほうがよいのではないだろうか?

「いまホリエモン(堀江社長)が広島の乗っ取りに必死だよ。政財界の大物が動いている」
「選挙との絡み。ホリエモンを公認じゃなく出して負けた。自民党の某実力者にはその借りがある。某実力者が某財界の大物に頼んだ」
と発言しているのだという.しかも、
「背後にいるのは幹事長の武部。公党の幹事長がプロ野球界に手を突っ込んでくるなんてことが許せるか。これは応仁の乱みたいなこった。戦国時代だよ、プロ野球の」
との認識を示し、
「ホリエモンは毎年5億円出すという条件を出している。本当に危ないんだよ」
と話したらしい。(あまり危ない話には聞こえないけど)

この発言は、つまりは
近鉄球団の買収に動いたときに、「オレの知らない人」と拒否されたホリエモンも、さすがにきちんと学習したということで、今回は、「自民党の某」を通じて「財界の某」に話をもちかけ、「オレの知らない人」といわれずに済むような球団買収の下準備をしているということを言っているのかも?

さらに、球界に5億出すのか、広島に5億出すのか、よくわからないが,お金持ちが利益を還元するって言ってることが危ない話?戦国時代という感覚からすると、下克上ってことか... 危ないのは、ナベツネの球界の盟主の地位??
もっとも、盟主の地位はすでに失われていて、いまさら危ないという認識を持っても手遅れではあるが.

ナベツネの伝家の宝刀・野球協約がここでも抜かれている.日本国憲法を屁とも思っていない節のあるナベツネではあるが、野球協約を守ることには熱心だ.今回も協約を楯に、村上ファンドの阪神電鉄株取得に、あれこれも言っている.
「宮内さんが出している村上ファンドが阪神に手をつけ、TBSに手をつけ、西武の株も買っておる。協約違反になるんだよ。解消してもらわないと困る」
これでは、球団のオーナー会社は、ファンドをはじめとする機関投資家に株をもってもらうことが、これではできないだろう.同じオーナーが2つの球団を保有することと、投資家が球団のオーナー会社の株を保有することを同列に扱ってよいわけがない.

なお、ナカナカ良いコトも言っている.
「野球協約をこの際、ちゃんと整備する。今の解釈でハゲタカファンドは十分排除はできるけどね。私有財産権とかいろいろあるけれど、それならハゲタカ・リーグと通常の伝統的リーグと割ったらどうだ」
そう、通常の伝統的リーグと、新しいプロ野球に脱皮していく球団によるリーグに分かれることはよいだろう.読売の呪縛からプロ野球を開放するためには、これがベストだ.
さすが,ナベツネ.

------------
(去年もコレ言ってたけど)
この際、ハゲタカリーグと読売リーグに分裂してはどうか?読売リーグは、とりあえず読売巨人軍だけでいいだろう.残りの11球団で、もう1つのリーグを結成しよう.
11球団では1チーム足りないので,当面、毎日、交流戦(すなわち 対巨人戦)を組めばよい.ハゲタカリーグの東西の地区優勝チームによるプレーオフの勝者と巨人との日本シリーズもやればいいだろう(盟主 巨人軍は毎年リーグ優勝).
そして、いずれ、ハゲタカリーグに新球団(例、六本木ヒルズ?)を参入させ、偶数の球団数になれば、交流戦(巨人戦)は廃止すればよかろう.
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-25 09:21

楽天・TBSホールディングス

<楽天>TBSに提案の経営統合計画書の全容が判明
三木谷浩史のTBSへのプロポーズの狙いは、
   インターネットと放送の融合
であるという。これそのものは、もうカビが生えてるような古臭い話であり、技術的には実現可能な話であるが、コンテンツ側の都合が進展を阻んでいる。許認可事業としての放送のあり方とディジタル化された著作物の著作権問題は、そんなにやさしい問題ではなく、融合への道のりは険しい。
実際に、公共性や倫理など クソ食らえ であるところの、不法コピーされたコンテンツの流通やアダルト系コンテンツの配信は、すでに、放送とネットの融合の一形態を体現していることからも、この課題の本質は明らかだ。

TBSと楽天、フジテレビとライブドアという組み合わせは実にいい塩梅であるが、いかんせん企業が経営を統合したところで、この問題は解決できるものではない。現状での融合は、夢物語の延長であり、せいぜい、通販番組がネット上のマーケットと強くリンクするだけだろう。
実際に、楽天からTBSへの具体的な提案も
  (1)ネットでのTBS番組情報の多角的な提供
  (2)TBS視聴者への楽天市場の会員用ポイントの付与
  (3)ネットサイトやブログなどを通じたTBS視聴者同士の交流
と、実にチンケなのだ。
これでは、新聞のテレビ欄をWebコンテンツ化し、FAXやテレゴングをインターネット経由にして、TBSを見たら楽天のポイントがつき、かつての視聴者参加型番組に、ブログが加わるだけだろう。新しいビジネスモデルがどこにも見えない。

既得権にあぐらをかき、高収入を得て、公共性を根拠にえらそーにしている、放送局の社員を、ネットビジネスの競争に巻き込むには、あまりにも安っぽい提案だと思う。

自由にコンテンツ制作できる場をインターネット上に提供することで、不満のたまっているテレビ製作者やジャーナリストに、活躍の場を与え、将来的にはテレビ業界を破壊するといえば、楽天の株が上がるのに。

ただ、インターネットと放送の融合は、NTTとNHKの救済のためにも、政治課題として真剣に取り組まれれなければならない課題でもあろう。NHKを分割民営化し、NTTとNHKと通信社のどこかを統合して、メディアコングロマリットを日本にも誕生させると、総務省がそのうち言い出すと思ったりもするのだが...

いま、楽天のプロポーズを受けているTBSが、日本でのメディアコングロマリットの覇権を取りに掛かるなら、さっさと楽天と統合し、毎日新聞とともに、話題のUSENとも業務提携して、ギャガ・コミュニケーションズやエイベックス・グループとも一体化していく道を選ぶべきだろう。ベイスターズの売却先がちょっと問題にはなるけど(笑)
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-21 15:18 | 時事

横浜USENベイスターズ

<渡辺恒雄氏>「横浜は売却、楽天は売らない」見通し語る
ナベツネがしゃべると、まともな内容でも反感を買うようで、野球界を改革したい人たちには困ったことになると思うのだが、もはや 自制も自省も効かないお歳になったということで、聞き流しておきましょうや。

そもそも、TBSは、TBS・楽天の統合に関係なく、ベイスターズを手放すべきである。

それなのに、どちらかというと感覚的に敵組(ナベツネ、宮内、堤)に属する三木谷がTBSを手中に収めようとし、TBSが球団を売却?という話になり、さらに、敵の総本山であるナベツネがそれをにおわすので、ベイスターズファンにとっては、本来、どちらかと言えば敵であるはずの TBS に肩入れしたくなっちゃってるんじゃないだろうか?

TBSがベイスターズを買収したときの経緯は、
2002年に マルハ(元 大洋漁業)が ベイスターズ株を手放すときに、もともとニッポン放送に売却するつもりだったものが、フジテレビがヤクルト球団株をもっていたために、ナベツネがクレームをつけ、その計画が行き詰まり、それを、ナベツネに助言された TBS が救済したという感じであった。( このこと自体は、1つの球団を救ったという意味で、非常によかったとは思うが... )

このときのTBSは、ベイスターズ主催のジャイアンツ戦というコンテンツのために、株を入手したのであって、いまのジャイアンツ戦の視聴率が続けば、もはや球団株を持つことのウマミはない。このままでは、会社のお荷物となること必至である。本音は、売れるうちに売っておきたい に違いなく、でも、それ以上に悪者には、なりたくないので、このタイミングで自ら売るとは言い出せないに違いない。

本気でベイスターズを重要コンテンツとみなしているならば、もっと力を注いで、横浜に似合うスマートで強い球団に育てる努力をするべきである。
しかし、キー局であるという強力な武器を活用しようともしていない。ニュース番組でも、試合中継でも なんの努力もしていない。メディアからのバックアップはほとんどない。TBSのしたことと言えば、ニュース23でベイスターズを取り上げる機会を微増させたことと、佐々木主浩の日本復帰にあたり大金をつぎ込んだことと、牛島という監督を送り込んだことくらいのものである。
土曜日の夜のスポーツニュースの時間はサッカーであり、日曜の夜はジャイアンツOBの槙原を起用して、メジャーリーグに力を注いでいるようにもみえる。サンデーモーニングもブロードキャスターも、そのプロ野球の部分でも、ベイスターズの比重は軽い。日テレのスポーツニュースや日曜の朝の徳光さんの番組と比べれてみれば、TBSがいかに手を抜いているか、明白だろう。
ベイスターズ主催のジャイアンツ戦の放送権のためにベイスターズ株をもつTBSが、横浜の市民球団であるベイスターズの親会社である必要はまったくない。むしろ、ファンのために撤退すべきなのだ。

TBSがベイスターズから撤退し、フジテレビがスワローズから撤退すれば、日テレ+読売新聞を除くメディアは、本当の意味でのプロ野球改革のキャンペーンをはることができ、市民のためのプロスポーツのあり方に沿った、プロ野球の改革が本格化できる。

経営的には、ジャイアンツが異常であって、ドラゴンズが追随している。ベイスターズとスワローズは、その片棒を担いでいると言えよう。
中日新聞も、そろそろドラゴンズを名古屋市民に戻し、トヨタがドラゴンズのスポンサーになってはどうか。中国や東南アジアで車を売るために、アジア地区のプロ野球を育て、そのスポンサーとして広告を出すことは有効だろう?
[PR]
by tosh3141 | 2005-10-20 10:16 | 野球




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧