最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
お気に入りブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

適切な判断

靖国訴訟で違憲判断 小泉首相の参拝は公的、大阪高裁

小泉首相の靖国神社参拝は、公的参拝であって政教分離を定めた憲法に違反するとして、大阪高裁は違憲の判断を下した。ただし、原告の賠償請求は退けられた。
賠償請求が退けられたため、国・小泉・靖国側が上告することは難しいだろう。判決は確定すると思われる。

小泉首相は、靖国参拝を行うか?との問いに「適切に判断する」と繰り返している。これは、つまり、首相として、政治的に判断するということだろう。もし参拝が、私的参拝であり、単に個人の信条として参拝しているのであれば、適切に判断する という発言は意味をなさない。

公的参拝であると判断され、違憲判決が出された事実は重い。
もはや、適切に判断すると言う発言は許されないだろう。

------------------------------------------
靖国訴訟、原告2審も敗訴=首相参拝「公的でない」
東京高裁は、千葉地裁における「公的参拝」であるという判断を退け、「参拝は公的でない」と判断したうえで、原告側の控訴を棄却している。
大阪高裁の原告は、おそらく、請求が棄却されているが、上告しないだろうが、東京高裁の裁判の原告が最高裁へ上告すると、最高裁でも、東京地裁と同様の判断が下される可能性がある。

いささか話はやっかいであるが、高裁レベルでの判断は、これで、3件を数え、
  公的 1
  公的ではない 1
  公的とも私的とも判断しない 1
という状況になった。

大阪高裁は,公的との判断の根拠としては
  1.公用車を使用し秘書官を伴った
  2.首相就任前の公約として実行した
  3.私的参拝と明言せず、公的参拝を否定してない
  4.目的が政治的
などをあげている.一方で、公的でないとした東京地裁では
  公式参拝と受け取られることを避けるため、八月十五日を断念して十三日に私的に参拝した。
ということを理由に、
 個人的な宗教上の行為か、儀礼上の行為というべき
としている。

個人的な行為であれば、信条の通りに参拝すればいいじゃないか。首相みずからが、「適切に判断する」と言っている。政治的意図をもった行為であることに間違いはない。
政治を行うことで、税金から給料を得ている首相が、政治的意図のもとで判断する行為が私的行為であるわけがない。
いつ行ったか?で、公私が弁別できるのか?東京地裁の判決には論理性は感じられない。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-30 11:36 | 時事

38勝97敗1分

楽天・田尾の舞い!大いなる初挑戦は38勝97敗1分け
楽天38勝のうちわけは、
 対ソフトバンク 3勝、 対ロッテ 5勝、 対西武 7勝、 対オリックス 6勝、 対日本ハム 6勝、 交流戦で計11勝
である.全カードに負け越したと思いきや、交流戦で不調の限りを極めたドラゴンズに4勝2敗と勝ち越し、スワローズと3勝3敗と5分の成績を収めた。このときのドラゴンズが本調子であれば、100敗に届いたかもしれない。

投手陣では、岩隈の9勝を筆頭に、福盛4勝、有銘・金田・ラス3勝と続く。期待された一場も、後半その実力の片鱗を見せたものの2勝どまりであった。
打撃陣はというと、山崎武司の64打点を筆頭に、吉岡・磯部が50打点台、ロペスが49打点で続く。シーズン途中に阪神からトレードで獲得した打率313、23打点の沖原が不在でも、100敗に達したかもしれない。

それでも、シーズン前には、最下位だとは思っていたが、もう少しは勝てるのではないかとは、思っていた。
岩隈は悪くても12~3勝はするだろうし、
希望的観測ながら、一場も10勝に届くか?というくらいには 戦力になると思えた。金田・小倉・小林・川尻のうちの、誰か1人くらいは、復活し7,8勝はし、この4人の合計で12勝程度には届くだろうとも。ドラゴンズで伸び悩んだ小山伸一郎も豪腕ぶりを発揮して、もっと戦力になると思えたが、まったくアテが外れた。

さもありなん と思うのは、岩隈・一場・磯部の不調である。さすがに、昨年の6月以降の諸問題は、精神的に堪えたのであろう。

実は、他球団でも 昨年度の近鉄・オリックス合併問題の最前線で、労使交渉にあたった選手会の主要メンバーは、軒並み成績を落としている。小笠原・高橋由伸・和田(タイトルは取ったものの、得点圏打率は1割減)。松中信彦はかろうじて、踏みとどまったが、今シーズンの出足は非常に悪かった。
打率は落としたものの驚異的な打点をあげている今岡誠と、井端弘和の2人が、災難を逃れたというところである。

過剰なストレスがあっただろう。ここまで影響するのか?ホントのところはわからないが、外しているとも、思えない。

来シーズン、磯部・岩隈・一場は、監督問題が影響を与えなければ、活躍するだろう。あとは、補強次第であるが、噂される 清原獲得があれば、チームは更なるストレスにさらされるに違いない。
ホームラン20本・60打点がせいぜいの清原を獲得するよりも、磯部・岩隈・一場の3人に気持ちよく、次のシーズンを迎えさせることのほうが、はるかにチーム力のアップになるはずだった。田尾の解任は、この点だけに絞っても、惜しい。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-29 11:05 | 野球

ノーベル賞30人計画

<科学技術基本計画>ノーベル賞受賞者30人程度輩出を
21世紀前半に30人程度の受賞者を輩出するという数値目標が、また出てきた。おおよそ50年で30人。これまでの実績を考えると、無茶な数字である一方、日本の科学・技術の水準を考えると、評価のあり方次第では 「たぶん届くはず」 の数字。

トムソンの予想では、まぁあたらないにしても、 新海征治、中村修二、十倉好紀 の3人の名前が挙がっている.他にも 戸塚洋二、遠藤守信、近藤淳、岸本忠三、本庶佑...候補にあがりそうな名前をあげていけば、ドンドン出てくるだろう。
文学賞は、村上春樹と吉本ばななが取るんじゃないかな?平和賞も日朝国交正常化を成し遂げれば、そのときの総理大臣がもらえる可能性がある。

ということで、
この計画は、この人たちにノーベル賞を取ってもらうためのロビー活動を展開すると、達成しやすくなる。

そういうことではなく、これから、科学技術の分野で、地道にコツコツ基礎研究を行い、あっと驚く成果をあげて、ノーベル賞へつなげていくというのであれば、ドンドン基礎研究にお金をかけ(つまり、優秀な人材をドンドコつぎ込む)、妙な書類のノルマを課さず、研究者には自由を与え、100個まいた種の一つが収穫できればいいという ような 研究者天国の環境を作っていくことが必要だろうと思う。
プロジェクトリーダには、ロングスパンで金を与え、優秀な研究者を雇用させ、彼らが成果を競う環境を作っていかなければ、ホントに優秀な日本人研究者を、ノーベル賞に値するようなブレークスルーを生み出す研究の場に確保することはできない。

現状はどうか?
競争的資金の獲得という妙なテーマのもとで、理工系の研究者は書類と論文の作成に追い立てられていないか?
そして、金を持つモノのところに人が集まり、ひとたび、金を持ったものは、その人をつなぐための次の金を持ち続けるため、ショートスパンで、次の金をもたらす論文が書ける研究に投資してしまっていないか?
資金が提供される期間が短すぎるのだ。そして、成果以外にもノルマが多すぎるのではないか?

この財政事情のなか、ムダに終わるような研究に、資金を投下できるのか?
ノーベル賞という結果だけが欲しいのであれば、現在の候補者のためにロビー活動に注力するほうがよい。もし、ホンキで、毎年ノーベル賞受賞者を輩出できるほどに、ノーベル賞の理念に即した、ノーベル賞に値する成果を日本人が生み出し続けることを望むのであれば、ムダに投資するゆとりとおおらかさが必要となってくるだろう。
今の世相にその「おおらかさ」が、あるのだろうか?
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-29 09:59 | Misc

シェフチェンコ vs 日本人DF

中沢複雑「シェフチェンコとやりたかった」
ぼくも 中澤にはシェフチェンコとやってほしかったぞ

ジーコ自身も、中澤や宮本に片道15時間の移動をさせてまで、ウクライナ戦へ出場させることはない...と判断したのかもしれないが、
オールスターとリーグ戦 の間に 欧州遠征を入れることによる選手の消耗を嫌った、クラブの意向を汲んだ代表選出となった。しかも、協会がウクライナからの帰国便をチャーターしていたにもかかわらず...

優勝の掛かっているガンバの宮本は、この際ムリだとしても、もうマリノスには望みはないわけで、降格の心配もないし、中澤にはムリさせてもよかったんじゃないのかなぁ...しかも、第27節のマリノスの試合は日曜に組まれているんだし。

それにしても
箕輪(川崎フロンターレ)とは...いや、箕輪はいいんだけど、松田の再召集の可能性は皆無らしい。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-28 09:48

かわいげがあってよかったのに

目が充血、神妙に反省会見 党本部で
話題の杉村大蔵さんが反省記者会見を開いた。

もし、彼の言動の中に本当に反省すべきようなことがらがあったのならば、公認した党に人を見る目のなかっただけのことであり、反省すべきは、小泉や武部だろう。もし、彼の一連の発言にウソがあったのならば、反省の記者会見をひらかせるのではなく、自民党を除名処分にすべきだ。
小泉や武部が謝罪もせず、杉村さんを除名にもしないのであれば、いったい何を反省すべきなのか、よく考えなおすべきで、テレビのワイドショーも、そこを明らかにした報道をしなければならない。

彼の言動に問題があるのではなく、当選させてしまった仕組みに問題がある。しかも、彼の発言がウソでないことは、発言している彼の顔をテレビで見ればよくわかる。
素直で好感が持てる人物じゃないか。議員にふさわしいかどうかは定かではないが、こと杉村さんにいたっては、有権者が彼を選んだわけではないだろう。選んだのは自民党である。

世耕弘成・党広報本部長代理は、今後は杉村氏へ直接取材をしないよう報道陣に要望した。
と記事に書かれている。
なんということだろう。
世耕弘成は比較的まともな2世議員であるが、こんな要望を出すとは、あきれた。思い上がりも甚だしい。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-28 09:30 | 時事

ガンコな田尾

田尾監督を解任 球団に残らず退団の見通し
楽天の米田純球団代表は「来季の指揮は依頼しないことを監督に伝え、了承された」と述べ、田尾監督は解任となった。
シーズン95敗は、驚くべき数字であるが、今シーズンの楽天に限って言えば、それでも善戦である。岩隈が不調で、一場も期待通りではない。磯部がパッとせず、外国人がダメ。よくぞ100敗しなかったものだ。
今シーズンの楽天の成績の原因は、監督にも球団にもない。NPBの責任に他ならない。

監督交代は
 より強くするためには避けて通れない道
の一つであるかもしれないが、いま通るべき道は他にあるだろう。
スカウト・スコアラーをはじめとする球団フロントの充実。活躍できる外国人の獲得。ファン定着のための、イロイロな取り組み。ペナントレースで戦える、バックアップの陣容を整えることが急務。
田尾監督の
方針のギャップでぶつかる部分もあったが、前向きなもの。何もしこりはない。僕が言ってきたことも少しずつでも受け入れてくれたらいい
というコメントがすべてを物語っている。
--------------------
楽天フロント主導で田尾解任…人事も先行き見えず
三木谷オーナーは一時期、続投を明言したいただけに、今回の更迭には よくわからない ところがある。何よりも、95敗の最下位が、その理由であったなら、今の楽天の戦力から見れば、監督によって どうにかなるレベルの問題ではないだけに、不可解である。

どう考えても、
 昨年のパリーグの5位6位チームから、強いチームと弱いチームに 再構成した オリックスと楽天なのである。結果として、オリックスはかろうじて、プレーオフ進出を争える水準になり、楽天は、ダントツの最下位となった。トーゼン至極。誰が監督であろうが、これ以外の結果になりようがない。
光明は、岩隈・一場・磯部・外国人に 見えてはいたが、実際には 彼らは期待通りには機能しなかった。岩隈に関しては、所属球団の決まるまでの ゴタゴタの影響。一場・磯部も昨年から今年にかけて、決してよい状況ですごしたわけではない。期待通りでないことにも同情こそできても、とても責任を糾弾する気持ちにはなれない。

明快な解任理由なしに、ファンの支持を得られるのか?
野村克也であれ、栗山英樹であれ、このチーム編成の楽天を1年で強くすることなど、ありえない。ロッテやダイエーという格好のお手本が身近にあるにもかかわらず、監督の交代という、短絡的な手段を選ぶことが、周囲の期待にこたえる道だとは、思えない。

よく似た ゴタゴタを繰り返している反面教師となるサッカーチームが身近にあるだろう? 
ちょっとは、学習しろ~
--------------------
田尾監督は、結局のところ フロントと折り合いをつけることができなかったのだろう。見かけとウラハラに、ガンコ一徹とされるその素顔が災いしたのかもしれない。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-26 10:01 | 野球

ポスト小泉

郵政民営化に反対か賛成か、国民に問うてみた結果は・・・
ここで指摘されている通り、民意は郵政民営化賛成 とは、到底言いがたい。
小泉が争点としたのが、参議院で否決された法案の是非であるなら、なおさらである。反対派の得票率を見ればこれは明白であろう。

小泉は、 YESかNOか?を問う として選挙を行った。
投票行動としての、民意はきわめて明快に YES/NO/賛否を明らかにせず(棄権) の3つに、ほぼ等しく分かれたのである。これで、法案が信任されたかのように主張することは、誤りだ。なぜ、マスコミは、数字を冷静に分析して報道しないのか?

--------------
小里派、谷垣派に衣替えへ 加藤氏は離脱表明

小里派は、会長の小里貞利の引退をうけて、会長に谷垣禎一を据える。
これに伴い、加藤紘一が派閥を離脱し、隠居老人となる。一年後に引退する小泉、スケベが災いしてポスト小泉レースに参戦できない年長の山崎拓とともに、YKKとして余生を楽しむ準備に入った。

かくして、ポスト小泉レースに、まず、谷垣禎一が名乗りを上げた(ことになる)。
当面の谷垣のライバルは、すでに、いっちょあがりの河野洋平が率いる河野グループに属する麻生太郎であるが、ここは麻生グループになるのか?
会長を失った堀内派の丹羽雄哉・古賀誠の思惑もからむが、2007年の参議院選もしくは衆参ダブル選挙を、戦う相手がいまのところ 前原誠司 である以上、だみ声の麻生太郎や悪代官顔の古賀誠よりは、いかにも頭のよさそうな谷垣を、旧宏池会は、その総裁候補に選択するだろう。となると、宏池会のダークホースは、おなじく頭のよさそうな塩崎恭久だろう。11月の内閣改造・党人事で、塩崎恭久が付くポストによっては、谷垣 vs 塩崎の争いは伯仲する(カナ?)。

安心して見ていることができそうな、保守本流ではなく、どういうわけか、マスコミは安倍を推しているように思えて仕方ない。
ただでさえ、北朝鮮・中台問題など、東アジアは火種を抱えているわけで、火に油を注ぎかねない、安倍晋三のような、ほんまもんのタカ派政権は恐ろしい。小泉は森派にあっては、異色なハトであったはずだし、日朝やサマワ派遣延長などでは、その姿が垣間見られる。

三角大福中のような、いまから思えば、格のある人材は、どこにも見当たらず、次代の指導者かもしれないクラスが、中二階と揶揄される状況をみれば、若く、ルックスもよく、口調がわかりやすく、能力もありそうに見えてしまう安倍に期待が集まるのは、ムリからぬことではあるが.......安倍晋三は、いまいち出来がよくないように見えてならない。
しゃべっていることが単純で、底が浅い(わかりやすくて当然なのだ)。国益を守るなどという、漠然とした曖昧で、わけのわからないスローガンにご満悦気味であるところが、あやしくてしょうがない。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-22 13:16

無効2票

小泉総裁を再び首相に指名

当選し、最初の国会における最初の投票は、首班指名になる
この投票で、いきなり 無効票 を投じるアホウはいったい誰なのだろう?? 
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-21 15:56 | 時事

民営化の開始時期

民営化の半年延長確認 郵政法案で関係6閣僚
8月に廃案になった法案をそのまま、実施期日だけを変更して可決する見込みだという。法案が可決されることは、自明である。
先の国会で可決されたとして、そのタイミングから準備するのと、今日からはじめるとので、システムの完成にどれくらいの時間のズレがあるのだろうか?
命をかけてまで実現したい郵政民営化を、法案の成立が1,2月遅れたくらいで、なぜ、半年も先送りにできるのか?
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-16 13:33 | 時事

解党的出直し?

前原氏、解党的出直し訴え 民主代表選で駆け引き
確実なことは、次の衆議院選挙まで、民主党は何もできないということだ。党首討論やテレビの討論会で、ときに自民党幹部を黙らせて、溜飲を下げるのがせいぜいだろう。

そもそも
解党的出直しなど必要ない。解党するほど、足場がしっかりしていないんだろう?

国会では、どうせ、何もできないのだから、こんなときに、エースを出すな。看板は、目立つ看板に掛けかえるとよい。いまの民主党にとって、看板は小泉と対決するというイメージだけでよいのだ。看板の政策よりも、候補者・議員の日常が大事なのだ。
そう、
アノ人にお願いして、対小泉の看板(党首)になってもらいなさい。国会での党首討論で、小泉さんをやりこめ、喝采をあびることができる人は、もはや この人しかいない。
小沢・鳩山・菅の3人で、目白に詣でて、頭を下げてお願いしよう。
 真紀子さん、党首になってください
と。
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-15 10:26 | 時事




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧