最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


カテゴリ:時事( 196 )

自民党議員の質

<安倍首相>「今週いっぱい入院必要」病院側説明
辞任を表明したものの、まだ首相であって、器でなくとも、仕事はしてもらわねばならない。入院していて、仕事ができないなら、代理をたてるべきではないのか?

だいたい、全身衰弱ってのは、ものすごく深刻な状態で、当初の4,5日の入院加療なんて説明はありえない。しっかり治してもらうためにも、総辞職までの期間も代理をおいて、病院に一切政治マターを持ち込まないようにするほうがよいと思うのだ。
----------
ここに来て、安倍首相の器がクローズアップされてきているが、なぜ自民党の議員は、この程度の人物に期待したのだろうか?僕には、安倍が首相に器でないことに、気が付かない自民党の議員の程度がもっと深刻な問題のような気がしてならない。

安倍晋三の能力は、例えば、「帯に短しタスキに長し」という問題ではなく、首相が帯であるなら、安倍はタスキというレベルだと僕は思う。タスキはタスキとして必要であるし、十分に立派なタスキなのだと思う。しかし、帯ではない。
当選回数、社会経験、党内役職や閣僚経験のいずれも不足という見方もあったが、これを重ねてどうなる問題でもない。経験を積めば、より立派なタスキになったにちがいない、そういう話なのだと思う。

マスコミもずいぶんと安倍を持ち上げた。自民党に迎合したのか、なんだか...
[PR]
by tosh3141 | 2007-09-17 23:32 | 時事

雨宿り

「福田総裁」強まる 議員支持、過半数に
安倍のこの辞め方は、インパクトが強すぎて、記憶に長く留まるだろう。これでは、いつ誰が解散をしても、自民党は負けると、誰もが思う。
こういうときは、大きな傘の下で雨宿りをして、雨風が弱くなるのを、じっと身を潜めて待ちたいはずだ。攻撃的な、雨の中でも突進したいタイプと、空気が読めないタイプ、そして、阿呆とボンだけは、避けたいという心理が無意識に働いてくるに違いない。

空気の読めない代表選手は、いち早く手をあげた、額賀福志郎だろう。この人は、阿呆ではないが、防衛庁長官を辞めるときも空気が読めないでいた。運もないし、津島派内の支持もない。
攻撃的で、かつボンボンの麻生太郎を担ぐには、相当な勇気が必要だ。この人も阿呆ではないと思うが、あういう顔になるということは、相当おかしなストレスを溜め込んでいるから、周囲に雨宿りの安心を与えることはない。目つきが怖く、絶倫の舛添と同じく、危なっかしさを漂わせるから、選びたくないはずだ。
その点、福田康夫は、これもボンボンであるが、孫よりは子の方がマシで、かつ、空気をよんでいる点と、顔が(鼻の下が長すぎる点は別にして)おかしくない。むしろ、穏やかなことがプラスだ。そして、何よりも小泉から安倍へ継承されたことで、順番を飛ばされた大勢の大物たちが、キューに並びなおすことができる。党内秩序が回復するかもしれないと、思わせる効果は小さくない。
ということで、当面の傘は福田に決まりだ。
この人が腹に一物もっていると、オモシロイと思うが...
----------
下のコメント欄にも書きましたが、
昨今の安倍さんの表情は、倒れる直前の小渕さんにダブって見えていました。このままでは、安倍さんが倒れると、思っていたので、この入院に驚きも疑問もあまり感じないのです。本当に身体に異常をきたしているのでしょう。朝青龍みたいな気もしますが...それはさておき。
その状態で、自分で辞める決断をしたのなら、そのタイミングがありえないくらい、ずれているとしても、そこを自分で決めた点は、よくやったじゃん、と思います。こんなに頑張っているのに、身体がしんどいくらいで、辞められるか・・・ というのが、普通の感覚で、思考力が低下すればするほど、引くことはできなくなると思うのです。
国会がはじまってしまえば、取り返しのつかない終わり方をしたかもしれません。

安倍という人は、パッと判断をする思考というか、感覚というか、そういう頭の体力の無い人であり、普段の演説や会見で言っていることも、虚ろでしかありませんでした。と僕は常々感じてきました。いしいひさいちの漫画で茶化されているように、ボンクラの類の、いってみれば、あまり首相などというポストには不向きな人が、一生懸命踏ん張っていたわけで、その意味ではご苦労様でした。療養して、余生をお楽しみください。
[PR]
by tosh3141 | 2007-09-14 10:39 | 時事

タレントの発言

<橋下弁護士>母子殺害弁護団からの賠償訴訟で反論会見
あれは、タレントして発言したのではなかったのか?
僕もこの件では、橋下さんの発言に、違法性はないと思う。だって、タレントがテレビで自分の思っていることを言っただけなのだから。

それと、橋下徹のテレビでの発言と実際の懲戒請求行動の間の因果関係の立証が難しいと思う。請求者のうち、橋下徹の発言で請求を思いついたと証言する人の割合×賠償金額で、折り合うなら、和解しちゃった方がお互い楽かもしれない。お互いに法律の専門家同士なら。タレント活動にも支障が出るし...
-----------
普通の人にとって、あの被告の主張は受け入れがたい。新聞を通じてこれを目にして、嫌悪感を感じただろう。僕もそうだ。そして、裁判や弁護の専門家じゃないから、代弁している弁護士にまで、怒りの矛先を向けたくなる。まして、裁判の経緯や、弁護団の普段の主張を知っていれば、彼らが被告に言わせている/その上で代弁している、とみなしてもあまりおかしくない。
しかし、これは庶民感情だろう。素人の素人判断じゃないのか?

司法の判断が、このような素人の素人判断と乖離していることが多々あることが、裁判員制度の導入にも結びついている。しかし、一方で、素人の素人判断では判断できないことが、たくさんあるからこその、専門家・法律家なのだろう。何のための弁護士か?

もし、彼が法律家なら、プロならば、自分で告訴なり提訴なりすればよかった。
何も、素人の素人判断に任せてしまうことはない。そのほうが、よほど実りある果実を得ることができたはずだ。

差し戻し審でなぜ大きく主張を変えたのか、被害者や社会に分かるように説明すべきだ。

弁護士に求めるということは、つまり、被告にこれを求めていることになる。
僕は素人だから、弁護団が死刑回避だけを目的に、弁護団の方針で被告の主張を引き出したと思っている。
しかし、本職の弁護士がそう考えていいのか?なんか変だ。それとも、彼は、この被告が、こういうことのできる人物だと評価しているのだろうか?よくわからない。
もし、弁護団に説明を求めるならば、被告が主張を変えた理由ではなく、弁護団の弁護方針じゃないのかな、とも思う。
[PR]
by tosh3141 | 2007-09-06 10:54 | 時事

800万

誤記なら辞任求めず 首相、環境相の借入金
誤記なら、誤記でもいいのだが、800万って大金を誤記するようなセンスの職員を雇用しているようでは、この人のお先はまっくらなのだ。
ミスで済ませる金額と、そうでない金額がある。
これが、誤記なら誤記でもいいが、それならば、
  私と私のスタッフは無能です、
と世間にむかって告白して、議員を辞職した方がいい。仕事が務まるわけがない。

これは誤記ではなく、意図があったというほうが、はるかに納得がいく。
そうせざる得なかったのなら、その事情をつまびらかにして、対応した方がいいと思う。
[PR]
by tosh3141 | 2007-09-05 17:56 | 時事

なり手不在は確実

遠藤農相が3日辞任 安倍改造内閣に大打撃
この不祥事、115万円を国から不正受給していた問題は、いわば保険詐欺みたいものだ。
もともと、会計詐欺をやらかした法人のトップが国会議員っていう笑えない話があって、しかも、詐欺で騙された省のトップにその詐欺法人の長を据えたという、なんともバカバカしい話になってしまっていたわけだ。
遠藤大臣は、辞任するなら、大臣だけでなく、国会議員も辞めたほうがよい。その組合の理事長には留まってよいから。
-----------
安倍内閣には打撃ということになっているが、安倍はそんな程度のもんだと、もう知れ渡っているから、打撃は小さいかもしれない。そもそも、誰も、安倍とその周辺に、きちんと身体検査のできるスタッフが居るなどと、誰も思ってないのだから、失望はない。あぁ、やっぱり、以上のなにものでない。
とりあえず、代わりの大臣のなり手がいるかどうか?
領収書の使いまわしがなく、事務所と自宅の諸費用や、政治活動の生活費の細かいところまで、きちんと仕分けできていて、頼まれて長になっている団体の会計もクリアで、不倫を週刊誌にばらす愛人も居なく、もう、いつ倒れるかわからない安倍内閣で、超タフなWTOの農業の交渉をするような御仁が居るのかしら。
-----------
退任の会見を聞いていた印象では、この遠藤大臣自身は、そんなに黒い人には感じなかった。歯切れがよいとは言えないが.
↑には、このように書いたけれども、実際には、組合の不祥事の時点で長を降りていれば、あるいは、本来は、もっと前の副大臣か政務次官のときに、利害関係にある組合の代表理事を降りておくべきだった。
それを続けたことが、これは選挙対策であったと思うが、今回の結果につながっている。組合と議員の持ちつ持たれつの関係を絶てなかったことが、根底にあるが、こういうことは、他の議員にもあるに違いない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-09-03 09:57 | 時事

舛添大臣/人心旧態依然/健康不安の官邸

予想通りというか、ポスト狙いの匂いを発散させていた舛添要一が、念願のポストを射止めた。
ポストの欲しい舛添と、批判的な彼を起用することで、挙党一致体制や総裁の器量を示し、しかも、うるさいヤツに貧乏くじを引かせることを狙った安倍の利害の一致した結果であり、安倍vs舛添の争いでもある。つまり、舛添はバカではないので、貧乏くじと知ってなお、それを引くというリスクと取ったわけだ。
彼は、手腕を見せるべく、努力することだろう。安倍が邪魔しなければ、それなりに厚生行政は動くような気はする。しかし、他方で、舛添の張り切りすぎが上滑りを招けば、ろくな結果にならないことも想像できてしまう。リスクは我々も負わされた格好だ。
舛添大臣もここは一発男の度量を示すべく、副大臣に片山さつきを起用してはどうだろう?財務キャリア出身者だけに、役に立つと思う。大臣のハゲと白髪がドンドン進行する結果になるだろうけど....

それにしても、これを「人心一新」の結果だとするのは、あまりに人をバカにしている。そうでなければ、総裁と幹事長がバカだということだ。
首相を含めて6人の留任、与謝野、町村、高村、額賀、鳩山というぶれ。
この顔ぶれの実力は僕は否定しない。むしろ、これまでの発言からは、高い能力を感じさせている顔ぶれであるが、新しさを感じさせない。人変わったかもしれない、しかし古くなった。


安倍、与謝野という官邸の住人の健康にも不安が残る。安倍はもともと、身体も頭脳もタフではないようだ。与謝野さんは、ノドの病気でなければ、次期総裁候補の可能性もある人物であるが、昨日の記者会見では、この病気の問題は解消していないように見える。官房長官の知力は心配しないが、官邸がこの2人では、体力が持つかどうか・・・ 、新たな火種となる可能性は低くない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-28 10:06 | 時事

不適格

<イラク派遣>元陸自のヒゲ隊長、佐藤参院議員に質問状
かなりありえないことをテレビでベラベラとしゃべってしまったようだ。こんな人物が、隊長だったとは驚きを通り越して、呆れてしまう。

そのことの是非はともかく、彼は軍隊を率いてイラクへ出陣していた。そして、その行動は、文民統制されたものでなくてはならず、それは言い換えれば、法に則って行動するということに他ならない。まして、隊長だ。部下が情緒的に、この佐藤発言のような行動を取りたいと願っても、断固としてこれを認めず、仮のその結果おきる内外からの批判にも、耐えるべき立場だったはずだ。それが国のため、でもあるはずだ。
しかも、こういう行動は、いわば首相の命令に違反していることになる。指揮官の命令を守らないつもりだった、と彼は言った。世が世なら、こんなことは口にした時点で、軍法会議で、断罪されているだろう。現代が、そういう時代じゃなくて、ホントによかったと思うけど。

彼は、まぁ、黙っていればよかったのだけど、こういう事を口にした以上、議員としても不適格者だ。自衛官としても、まったく不適格であったことが露呈した以上、比例区の名簿に掲載した自民党は責任を感じなければならない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-17 12:24 | 時事

高野連・朝日新聞の怠慢

<猛暑>体温超える熱波にうんざり 列島汗だく
新聞社や放送局は、こういうニュースを報じている。朝日新聞は知らない・予見できなかった、では済まない立場にある。

政府は熱中症の予防のために、10の県に運動の原則中止を求めている。
甲子園のある兵庫県は対象になっていないが、例えば、今日の西宮の最高気温は運動の原則中止が出てもおかしくない35度と予想されており、熱中症予防のための運動指針がいうところの、厳重警戒であることに間違いはない。
こんな状況で、大会を開催していいのかどうか?
少なくとも、主催者は、この状況で大会を開催していい理由を合理的に説明する義務は負うだろう。
事故が起きてからでは遅いのだ。
開催方式を改めなければならない。改めないのは、単なる怠慢でしかない。
------
環境省も中止勧告を出すくらいのことをしてもいいのではないか?
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-17 08:41 | 時事

スタンドプレー

靖国参拝、首相見送る 閣僚最少、高市氏だけ
政治家が靖国を参拝するということの意味は、あくまで政治的だ。それは信仰でも、本心から死者を悼むのでもない。特に、8/15という注目を集める日にそこへ行くことは、政治的パフォーマンスなのであって、それ以外のなにものでもない。
今回の高市早苗の参拝は、閣内一致で参拝しないところを、抜け駆けしたスタンドプレーだ。失うものよりも得るものが大きいという、判断が働いたのだろう。それはすなわち、安倍を見限ったことであり、留任を目指して画策する小池百合子とは異なり、安部の次か次の次への手を打っているということに他ならない。
祀られている御霊にとっては、相変わらず迷惑な話だと思う。
神社側が、こういうことを迷惑と思わないもまた、自らが政治的存在であることを自覚している裏返しだ。政治的神社に政治的に参拝することの意味を考えなければならない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-16 13:01 | 時事

留任工作

<次官人事内紛>小池防衛相の方針に塩崎、守屋氏が反発
内閣改造と党人事が予定されているということは、小池百合子も退任となる可能性が大きい。就任当初は、ここまでの参議院選敗北を想定していなかっただろうから、9月の党人事+内閣改造後も自身の留任は期待できたはずだが、この状況では、お友だち組と目されておかしくない小池百合子の退任は、当然の路線だと、当の本人も考えているだろう。
そこで、留任を狙って、訪米し、また事務次官を交代させることを画策した。これは、こう見えてしまう。次官からもこう見えているから、抵抗されるのだ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-14 11:46 | 時事




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧