最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


カテゴリ:サッカー( 107 )

そして今日

結局、サイドバックが・・・
今日、ドイツ大会のメンバー23人が発表される。
ジーコ監督の腹は、もうずいぶんまえから決まっているという報道が多い。今日は単なる4年目のある一日に過ぎないわけであるが、やはり、今日からの1月間ほどの運命があるていど固まっていく日でもある。そして、おおかたの予測は、サプライズはないというものであるが・・・・ 僕にいわせれば、ここしばらくのパフォーマンスを考えてみれば、ジェフの巻が選ばれないことの方が、いかにも「サプライズ」であり、ガンバの遠藤の落選があれば、さらに大きなサプライズnなのである。

そして、攻撃はともかく、さして守備の意識が向上したようにも見えないサントスを4バックの左サイドに起用し続けることが、サプライズであり、176cm・72kgの宮本に、強豪国のFW陣を抑えさせようとしながら、ベスト4を目標だとするジーコの発想がサプライズなのである。もちろん、宮本もサントスも代表に相応しい実績と能力を備えていることには異論はないが、起用法と適性に不一致があるらしいことはハッキリしている。それを、克服すべきは、宮本とサントスなのか、見ているファンなのか・・・・・・ハラハラドキドキの守備を、中沢が救うという流れに慣れて(耐えて)欲しいということか。

個々の選手の海外での経験は、おそらく重要だろう。Jリーグ程度のレベルのリーグで活躍しても、たいしたことではないという意見に、おおいばりで反論することはできない。
そして、やはり、アジアカップやアジア予選での実績は考慮しなければならず、その実績にはベンチや練習での実績も含めて考えられるものだろう。ここに異論はない。
不毛の時代を抜け出し、日本のサッカーは間違いなく人材豊富になった。だからこその、代表監督の悩みではあるだろうが、その得ている名誉と報酬を考えれば、発表の1秒前まで、悩み続け、実績のある選手を切らねばならない立場であることも間違いはない。実績や海外リーグの経験以外のファクターに目をやり、決断すべきなのは、ジーコなのである。
---------------------------
一応、僕の予想メンバー
GK 川口、楢崎、土肥
DF 宮本、中沢、田中、坪井
   中田浩二、サントス、加地、駒野
MF 福西、稲本、中田英、中村俊輔、小野、小笠原、遠藤
FW 高原、柳沢、久保、玉田、大黒
------------
疑問:
ホントに久保は復調するのか?
加地に負傷や退場があったとしても、次の試合で駒野が起用されるケースがあるのだろうか?

===========

GK 川口、楢崎、土肥
DF 宮本、中沢、田中、坪井
   中田浩二、サントス、加地、駒野
MF 福西、稲本、中田英、中村俊輔、小野、小笠原、遠藤
FW 高原、柳沢、玉田、大黒、巻

となったみたいですね。ノーサプライズ(14時18分追記)

決断すれば、久保落選 巻召集 の可能性があると思っていました。まさか、ホントにそうなるとは・・・
ついでに、駒野の起用の可能性がまったくなく、賛否はともかく加地と心中する4バックしか選択肢はないと思っています。ってことならば、勇気をだして、駒野をはずして、攻撃のオプションとして松井を呼ぶ手はあると思っていたのですが....こっちは残念で、でも驚きのない結果でした。
[PR]
by tosh3141 | 2006-05-15 10:24 | サッカー

結局、サイドバックが・・・

【W杯当落線上のホンネMF編】遠藤、長谷部奮闘
怪我から復帰が?マークのまま、柳沢を選出すると、フォワードは少なくとも5人の選出となるだろう。キーパー3人を2人にはできないため、ミッドフィルダーかディフェンスから、一人余分に選に漏れる選手が出ることが必至である。

MFはただでさえ激戦区である。
中田英、中村俊輔、稲本、小野、小笠原、福西に加え、松井、遠藤、本山が23人入りをうかがうポジションにいる。2010年のことも視野にいれれば、阿部や長谷部を選出して欲しいとも、ファンは願う。

DFはどうだろう。
4バックと3バックの併用のため、センターバックタイプのディフェンダーが、5ないし6人必要となる。

そして、なぜか、システムに関係なく、つまりサイドバックかハーフかによらず、サントスと加地 その控えに1人ずつ、計4人が召集されることが決まっている。、結局のところ、このことが人選をややこしくしている。もちろん、サイドの重要性はわかるけれども...


ということで、
 フォワード 5人
 センターバック 5、6人
 サイド 4人
 ゴールキーパー 3人
が既定路線であり、人材が最も豊富な、トップ下とボランチの位置の選手が、5ないし6人しか選べないことになる。
このことで、遠藤、長谷部、阿部といったレベルの選手が(すなわち、昨シーズンのタイトルをとったチームの、チームの要の日本人選手が)代表の当落線上をさまよい、たぶん 落選するという事態となってしまっている。

これを、トップ選手の海外進出の成果と評価するのか、Jリーグのレベルの停滞と考えるか?立場はあるとは思うが、やはり、Jリーグにとって、歓迎すべき事柄であるとは思えない。

ガンバの(大黒) 遠藤 宮本、レッズの長谷部と2人の田中、ジェフの阿部と巻 のうちで (怪我の田中達也は仕方ないとしても) 攻撃力でJリーグを制したはずのガンバの、しかも必ずしもレギュラーが約束されているわけではないかもしれない、 宮本 しか選ばれない代表って、ホントにこれでいいの?
[PR]
by tosh3141 | 2006-05-11 19:31 | サッカー

久保と小倉

昨夜のニュース23のサッカーコーナーで、今春から現役を退きTBSのサッカー解説を行っている小倉が久保へのインタビューを行っていた。久保のインタビューにしては、時間も長く、発言も多く、見ごたえがあったけれども...
それはそれとして、このコンビが代表の2トップを張る姿を見ることができなかったのは、つくづく残念。

さて、来週のキリンカップの代表メンバーがそろそろ発表される。たぶん、そこにサプライズはないと思うけれども...気にはなる。

ヘラクレスの平山は筑波大を退学したらしい。進学せずにJ1のピッチにたてば、いまごろ代表だったかも?徳永もそれは同様。

大学に「あとから行く」道が日本には少ないことが問題なのかもしれないと思ったりもする.
[PR]
by tosh3141 | 2006-05-02 13:18 | サッカー

どうしようにもない日

ACL疲れ?零敗ガンバ 首位陥落
長いシーズン、たまには、こういう試合もあるのだろう。
シュートはキーパーの正面にいく。裏を狙ったパスは、味方のうらもかいてしまう。通るパスが通らない。相手のギリギリのスライディングがあたってしまう。
アルビレックスには悪いが、ガンバにとっては、勝てるはずの試合を落とす結果になってしまった。惜しい 1-0 の敗戦であった。

西野監督は「打つ手がなかった」とコメントを残している。試合中の顔も、そういう顔だった。シジクレイを前線にあげてみたものの、何も起こらず、中山と播戸の投入も終了間際で、しかも攻め込まれてしまって役にたたなかった。

ジェフのオシム監督に言わせれば、
横浜や鹿島や浦和やガンバのようなチームにはベンチにもレギュラークラスが入っているわけですけれども
と、なるのだが、いかんせんこういうインケツな日では、いくら前田や播戸がベンチに居ても、なんの足しにもならないようだ。

あまり展望のないACLのホームでの全北現代との試合が3日にあり、6日には、これまたよく走るヴァンフォーレ甲府との一戦。橋本と加地が故障しないかと心配になるスケジュールが続く。
[PR]
by tosh3141 | 2006-05-01 11:37 | サッカー

トルシエ先生の予想

Yahoo!スポーツ - ニュース - 日本が大穴…トルシエ前監督がW杯V予想
大胆にも、優勝候補の6番手に日本を挙げたらしい。
  本命 ブラジル、ドイツ
  面白いのが チェコ
  以下、アメリカ、コートジボアール、日本
だという。アメリカまでは、本気?
残りは、当然のことながら、リップサービスであるわけで、スポニチは「彼らは成長した。グループリーグは突破するだろう」
というコメントしか紹介していない。
とはいえ、リップサービスであっても、オランダ・アルゼンチンなどを差し置いて、名前を出してもらえるとは、トルシエは日本が嫌いじゃないのかぁ....知らなかった。

アメリカは、ワールドカップ優勝を狙って、強化している。世界ランクはあてにしてはいけないが、世界ランク 4位をあなどってはいけないわけで、2月の代表戦でも、日本はスコアはともかく完璧に負けた。ドノバンがいる間に、優勝はムリでも、ベスト4以内に食い込んでくることがあっても、驚くことはまったくないだろう。


ワールドサッカープラス 西部謙司・戸塚啓コラム
スポニチの戸塚啓のコラムでは、ジーコの選ぶ23人を予想している。
  GK      川口、楢﨑、土肥
  右サイド   加地、駒野
  左サイド   サントス、中田浩
  センターバック 宮本、中澤、田中、坪井
  ボランチ   中田英、福西、小野、稲本
  攻撃的MF  中村俊輔、小笠原、松井
  FW      久保、高原、大黒、柳沢(怪我の回復具合によって、玉田)
もうひとつのイスが 1トップの場合も考えて、また、ヒデを攻撃的ポジションで使うことも視野にいれて、遠藤 と予想している。

ジーコは「門戸は開かれている」としているが、その門は、誰かが怪我して、外に出るときにしか開かないのかもしれない。トルシエは直前に、俊輔と中澤を外して、中山と秋田を呼んだが、そういうサプライズはないだろう。フランス大会の小野、(市川)のようなサプライズもたぶんない。
そして、トルシエが「このメンバーの80%は私が育てた」というのもムリはない。
[PR]
by tosh3141 | 2006-04-21 09:57 | サッカー

勝っただけ・・・

Excite エキサイト : スポーツニュース
サントスの個人技から繰り出されたクロスによる佐藤のゴールで勝つには勝ったが、で、どうなの? という試合.もちろん、勝ったからよいのだけど...

本番で点を取って勝つためには、サントスの左サイドは大きな武器になるだろう。しかし、これは、ずいぶん前からわかっていることであって、問題は、サントスの左サイドは、失点のリスクを高めていることにある。
特に、加地・中澤・宮本・サントスの4バックのときが、危なく、しかも欧州組を召集すると、より攻撃的な守備的MFが起用される可能性が高くなり、サントスの背後に大きなスペース(というよりも穴)を敵の右サイドに与えてしまうのが、いまの最大の課題なのではないのだろうか?昨日の試合は、そこへの手当て(連係)を確認するための、シミュレーションが必要だったはず。リーグ戦をさしおいて、加地と宮本を召集したのは?なんだったのだ。

もちろん、いくつかの試すべき課題の解消策はあるはずだ。守備的な適性に欠けるようにさえ見えるサントスにばかり、成長を求めても、解決するとは思えない。
繰り返しになるが、
 センターバックに 松田(あるいは闘莉王)・中澤を起用する
 左サイドバックに 中田浩二(あるいは三浦淳)を起用する
 ボランチに 今野や福西を起用する
 右サイドバックに 徳永を起用する
など,相対的に守備に強い選手を起用し、時に誰かが攻撃参加するような布陣をとることをなぜ試せないのだろう?特に、サイドバックの攻撃参加を期待するならば、今野のような汗かきタイプのボランチや、遠藤のようなバランサーは重要なはずだが、指揮官の頭には、過去の指揮官の前での実績しかなく、遠藤が欠けただけで、テストをやめてしまった。こんなことで、大丈夫なのか?
[PR]
by tosh3141 | 2006-03-31 18:19 | サッカー

よく考えてみると

通訳同伴禁止にジーコ監督不満
通訳同伴が原則として禁止になったのではなく、テクニカルエリアでの指示は規定通り1人に限られることが確認されたので、最初から日本語で指示できる人を事前に登録して、ジーコさんにはベンチに座っていてもらえばよいのだ。鈴木通訳を監督登録すればOKなのでは。

まぁ、そんなことよりも
    23人については確実なものがある
の方がよほど心配
[PR]
by tosh3141 | 2006-03-18 17:37 | サッカー

欲求不満・消化不良

日本、ボスニアと2-2 サッカー国際親善試合
とりあえず、病み上がりの久保と小野には目をつぶろう。ついでに、民族意識が高揚から熱狂的なサポータの応援で、ホーム状態のボスニアヘルツェゴビナに有利な感じがするPKとオフサイドの判定があったことにも目はつぶろう。それもサッカー。

結果的に、中村俊輔の左足の威力と、終了間際の相手DFが時間稼ぎ?の負傷でピッチ外に出たためにマークがずれて、中田が決めることができ、救われた試合だった。
でかい、はやい、うまい というヤツらに、確実にボールをまわされたら、ある程度、崩されるのは仕方ないことだけど、やっぱり、強いDFを起用しようよ....サントスのいる4バックが崩されることは、何度も試験済みで、いまさら確認することでもないような....試すことは、他にもあったはず.サントスを使うなら、もっと生き生きとプレーできるポジションで使ってやって欲しい.
[PR]
by tosh3141 | 2006-03-01 09:57 | サッカー

ドキドキするサッカー/高校の教育

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
----------
野洲、のびのび日本一!「セクシーサッカー」で王者を撃破
久々にテレビに釘付けになって観戦した。野洲高校vs鹿児島実業の決勝戦、前評判に違わぬ野洲高の個人技に裏づけされた、見ていて楽しいサッカーであった。
延長後半の決勝ゴール、あの展開にすべてが凝縮されていたように思えた。あれが出るところに、選手権を制するチームの底力を見た。

延長後半の(しかも中1日の決勝戦の)、足がつっていてもおかしくない時間帯。
事実、鹿実のDFの選手はシュートしたときに足を痛めた。その選手がピッチ外に出ていたため、DFのマークが混乱していたとは言うものの...
左のサイドバックの選手からのロングフィードを14番が右サイドで受け、そのままドリブルで中央に切り込んで、右にスペースを作る。そこへ、ボランチ(たぶん左のボランチ)が、走りこむ。トップ下の選手が、14番からヒールでもらったボールを即座にスペースに流して、キーパーとDFラインの間に低いクロス....
プロの試合でも、こんな展開のゴールにはめったにお目にかかれない。しかも、ドリブルで切り込んだ14番の乾選手もゴール前に詰めていて、クロスには3人があわせればいいだけの位置に詰めていた、取るべくして取った点である。レベルの高さを見せつけた瞬間であった。
---------------
みなが同じ髪型の鹿児島実業、バラバラでロングヘアの多い野洲。
頭だけでもスタイルの違いが一目瞭然というわかりやすいシチュエーションで、自由と個性に磨きをかけた野洲が勝利したことは、多くの指導者にとっても衝撃だったと思う。

どちらが良いとか、どちらが高校生に相応しいという議論ではなく、どの方向性が日本のサッカーにプラスか?という観点は、実は、サッカーだけではなく、教育全般に通じる課題でもあるだろう。
願わくば、表面で光った野洲のスタイルだけではなく、背後で行われてきた努力、努力、努力の部分にも光をあてて欲しいと思うと同時に、
進学校といわれる高校にも、同じように 野洲スタイルと鹿実スタイルがあることを、どこかで見せて欲しいと思う。ホントに高い学力の高校生を輩出し、進学の実績をあげている高校に、単に東大に何人・京大に何人・・・だけではない形で光を当てて欲しいと、この決勝戦を見ていて思った。
[PR]
by tosh3141 | 2006-01-10 10:05 | サッカー

誤報じゃないかも

誤報だらけ“2トップは中田&中村”
記事では
日本の先発予想で中田と中村を2トップに据え、中沢を左サイドバックに置くなど誤報だらけ
としているが,
動きはよいがゴールの決まらない柳沢・高原を使うなという ご宣託かもしれない。
ブラジルのカフーやら,クロアチア・オーストラリアのでかい選手が攻め込んでくるサイドにも、サントスではなく、中澤を置きなさいと...

ちなみに、別の記事では
ジーコ監督指名!最終兵器は久保
と伝えている.久保の脅威のジャンプ力があれば、ゴール前を固める巨人の上に頭が出るかもしれないが...ここは、もっとでかい平山にも期待したいところだと思う.
オランダで結果を出してくれ~

ニュースソースを見失ってしまったが、
ジーコと松田の和解
が報じられていた.対戦相手も決まり、やはり,日本人の中では、高さとパワーとスピードのある松田は、坪井がイマイチフィットしないだけに、メンバーに欲しいだろう.
闘莉王も,この際だから呼べばどうだろう.
[PR]
by tosh3141 | 2005-12-12 19:39 | サッカー




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧