最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


カテゴリ:サッカー( 107 )

ガンバ残念

浦和が悲願の初優勝 ガ大阪に3―2で逆転勝ち
前半のマグノアウベスのゴールで、一瞬、夢を見たものの、逆転優勝の望みは、ポンテのゴールで、はかなく消えた。
---------------------
もっとも、この試合、NHKの中継で観戦していたのだけれど、中継開始時に、真っ赤の埼玉スタジアムの映像が映った瞬間に、こりゃダメだと感じたのも事実である。
根っこのところのチーム力が違いすぎるのだ。やっとこさで、2万強収容可能の陸上競技場兼用の万博が本拠地では、ムードとか、チームの活力とか、いろんな面で、あの埼玉スタジアムには圧倒されてしまう。この試合は、勝てるはずがないという... そういうチームのサッカーの力以上の、大きな差を感じてしまった。
日本を代表するビッグクラブとして、アジア・世界を目指すには、埼玉スタジアムとまでは言わないが、ガンバにも、それ相応のスタジアムが欲しい。長居のセレッソがモタモタしているうちに、なんとかして欲しいぞ~ >大阪府、吹田市、高槻市、茨木市

もちろん、今期の敗因は、直接的には遠藤の離脱であり、もう1つあげれば、シジクレイの衰えだと、僕は思う。遠藤が肝炎にならず、シジクレイが32歳くらいだったら、もう少し勝ち点を積み上げることができただろう。そして、遠藤を疲労させたものは、7月上旬からの2ヶ月に18試合も組まれたスケジュールであって、ガンバの選手層だけの問題ではないのだ。ここが、ちょっと悔しいところだ。

来年はレッズのサントス、トゥーリオ、鈴木啓太あたりが、Jリーグと協会のハザマに生じるこの過密スケジュールに泣くことになるだろう。トゥーリオあたりは既に泣いているかもしれないし...

ガンバのセンターバックは、昨シーズンも問題だった。京都の手島をレンタルで獲得して、補強を進めていたはずなのに、結局、うまくいかなかった。来シーズンに向けても、センターバックの補強が必要だ。前田の昨年の大怪我も、遠藤の穴を考えたときには、痛いものだった。もう少し、前田が機能すれば、穴は小さくて済んだだろうに...

ガンバが勝ち点を積み上げ損ねたもう1つの理由は、アビスパに2分してしまったことだ。レッズとフロンターレが勝ち点6を上げている相手から、勝ち点2.... この差も結果的に痛い。だから?アビスパがビッセルに負けて、J2に落ちたら、千代反田をレンタルしてくれい。
------------
追記 
ガンバは、千葉の水本を来季に向けた補強選手にリストアップしているらしい。そりゃ、水本が来れば大きいけれど... 
運営費に苦労する千葉を、ビッグクラブが移籍金をちらつかせて、有望選手の草刈場にすることは、避けて欲しいものだ。名古屋が阿部にオファーを出しているというニュースもあったが... 
フクアリは、コンスタントに満員であるべきスタジアムだと、僕は思うし、今のようなサッカーをできる(見せている)ジェフが移籍金を目当てに選手を放出しなければならないようなことでは、Jリーグの将来は暗い。
[PR]
by tosh3141 | 2006-12-04 18:14 | サッカー

追加召集3人

オシム日本、代表メンバー発表…初の格上戦はサバイバルだ!
ガーナは、強いだろうし、FIFAランキングでは、だいぶ上であるけれど、格が違うと言われると、それも違うような気がしないでもない。ホームであれば、勝つことが妥当な結果であるべしと、というか、そう思えるようなメンタリティがないと困るような気がする。
-------------
それはさておき、いよいよジェフ色に染まりつつあるメンバーとなってきた。
坪井・闘莉王・加地の故障で、青山・山口・今野が追加召集され、今回のメンバーは
GK:川口、山岸、西川
DF:三都主、駒野、水本、山口、青山
MF:羽生、遠藤、二川、中村憲剛、鈴木、阿部、佐藤勇人、田中隼磨、山岸智、長谷部、今野
FW:播戸、巻、我那覇、佐藤寿人
という23人。

今野は、オシムのガンバ・ジェフ以外のファーストチョイスの13人に入っていたので、状態がよければ、4日のガーナ戦の先発もありではないかな?あとは、アジアカップ予選ではないので、背番号にも注目
[PR]
by tosh3141 | 2006-10-02 14:55 | サッカー

余興なのか?

クラブW杯オセアニア代表に中田氏?
FIFA クラブワールドチャンピオンシップ の価値をどう考えるのだろうか?
引退した選手を客寄せに使うなど、冗談であっても、ホスト国の協会のトップが、こんなことを口にしてはいけない。
「日本での継続開催を主張する」ためには、とりあえず、日本のクラブが、アジアのチャンピョンシップで、コンスタントに勝つことが求められるだろうし、出場チームのどこかには、日本人の選手がいて欲しい。そういうレベルになることが主張を強化する。
昨年は、シドニーFCにカズが出向?して、その場をしのいだ形となった。こんなことは、一度きりにしなければならない。
いわば、クラブワールドチャンピオンシップ の予選でもある、アジアチャンピョンシップに、J2のベルディを出しているようでは・・・ 本気度が疑問視されてもしょうがない。

今のガンバですら、なかなか勝てない大会であるからして、道は険しい。来年は、レッズと、J1を制するチームが出場するので、今年よりは期待できるが、
肝心の協会トップが足をひっぱっている現実が悲しい。
[PR]
by tosh3141 | 2006-09-13 10:23 | サッカー

持病

オシム決定力不足は「日本の持病」

ジーコ時代のツケで、
できていたことは、なんとかできるはずで、イエメンには勝つだろう、たぶん
と書いていたら、いやはや、W杯アジア予選でも見たことがあるような、間際のなんとかもぎ取った一点での勝利。やはり、日本はアジアでは底力を発揮することができる。

決定力が足りないのは、日本に限ったことではない。ホンの一握りの強豪国を除けば、どこも決定力不足だ。点が入りにくいスポーツなのだから、それはしょうがない。だからこそ、その一点を取る選手が貴重であり、偉大であるわけなのだ。

ただ、そういう選手を待っていても、やってきてはくれない。育てるしかないわけで、育てることに注力しなければならない。
当面は、FWに点を取りやすいボールを供給してやること。つまりは、MFとDFがリスクを冒して、前線でボールに絡み、FWの周囲の相手DFをはがして、いいボールをいれてやる。遠藤とサントスには、いいボールを入れることと、相手DFを一枚余分に引き連れること。そして、後ろの選手には、そのサポートが求められている。だいたいできていたんじゃないのかな・・・

いい試合ではなかったけれども、勝ててよかった。結果もオーライ。
[PR]
by tosh3141 | 2006-09-07 23:02 | サッカー

ジーコ時代のツケ

オシムジャパン初黒星 サウジに惜敗
あの失点は、不運だったわけで、ミスパスも目立ったが、おおむね内容で勝っていたことも含めて惜敗というに値する試合だっただろう。最後の、時間がないのにパスをまわしている姿は、昨年の東アジア選手権の中国戦のラストを彷彿とさせたが、まー明日のイエメンに引き分け以上であれば問題はないので、おいおい改善されていけば、よいと思う。

もちろん、阿部がDFラインに入っているのに、駒野と遠藤とサントスが4-2-2-2の布陣の意識でプレーをしたであろうために、鈴木啓太をボロボロにしたことに問題があるが、これも調整は効くところだと思う。というか、前にも書いたが、どうも、遠藤とサントスの起用法が不思議だ。
もしかすると、阿部が下がったことに連動して、ベンチの指示がなくても、遠藤がガンバでのプレーエリアにポジションを移して、サントスがもっとあがってやれば、駒野も上がり目にポジションがとれて、結果的にボールがよく動いただろうとは思うが... この辺がシステム偏重の影響かも。

もっとも、
代表選手の召集レベルでは、新しい選手を多用しているように見えるが、実態は
 川口、加地、闘莉王、坪井、駒野 鈴木啓太、阿部、サントス、遠藤、田中達也、巻
であって、前任者の最終戦
 川口、加地、中沢、坪井、サントス、稲本、中田、小笠原、俊輔、玉田、巻
から、引退の中沢と中田を抜き、あのとき田中達也が怪我しなければ、と思えば、これは、そんなに変わらないメンバーにも見える。

阿部がW杯に召集されなかったこととサントスのディフェンス起用は、ジーコの哲学かなにか知らないが、傍目には不思議なことであったわけで、ジーコがブラジル戦でやろうとしたことの延長戦上にいまの代表がある。闘莉王も然りで、呼ばれていても何も不思議でなかった。
そして、そのときに、できなかったことは、やはり、そんな簡単にはできないわけであり、また、できていたことは、なんとかできるはずで、イエメンには勝つだろう、たぶん。

鈴木啓太は今野のバックアップで(この3試合で地位が上がっただろうけれども)、今野も前任者が選ばなかったことが、むしろ変。

ようするに、現状は、ジーコ時代のツケをはらいつつ、つまり、闘莉王・阿部・今野に経験を積ませながら、ジーコの狙いを浸透させていく途上なのだから、長い目で見てほしいと、ここに尽きるのだろう。
[PR]
by tosh3141 | 2006-09-06 01:03 | サッカー

驚いたのは君だけかも

オシムまたもサプライズ!走れる若手招集&中東到着即練習
記事は『サプライズだらけ』としているが、果たしてそうか?
本来なら選手の疲労を考え、まずは休養というのがセオリーのはずだが、今回もオシム流は常識を超えていた。
と書かれているが、それは、いったいどんなセオリーと常識なのだろうか?
やむを得ない措置に驚くのは、やめたほうがよい。
常識的に、リーグ戦を尊重した中で、ギリギリのスケジュールを探れば、この日程しかないのだから。

だいたい、記者は、31日代表発表、1日出発・到着後休養、2日練習、3日試合 なんてスケジュールで強豪サウジアラビアに勝てると思っているのだろうか?チームとしての準備期間は、最大限確保しなければどうしようにもない。
異例だったり、常識を超えたりしているのは、オシムと代表ではなく、J1のスケジュールなのだ。予選の日程を変えてしまったサウジアラビアもたいがいであるが、それを飲んだのに、J1の日程に手をつけなかった協会とJリーグが、非常識。

ガンバとジェフの代表選手、ワールドカップ後の再開からの2ヶ月で、
 オールスター1試合(まー、ダラダラした試合だったので、これはノーカウントでもいいかも)
 A3で3試合、代表2試合、リーグ戦9試合(ガンバは10試合)
をこなし、
さらに、9/3,6の代表戦を経て、9/9のリーグ戦と、世界一忙しいプロサッカー選手として、ギネスに申請してみたら?と思ったりもする。
たぶん、最多出場は、ガンバの遠藤で 7/12日からの2月間で18試合に出場することになるだろう。
[PR]
by tosh3141 | 2006-09-01 13:39 | サッカー

伊野波 梅崎の背番号は??

梅崎、二川らが初選出 サッカー日本代表
なにはともあれ、代表監督がJ1の試合をよく見ていることは、いいことだと思う。

U21、U19世代からの召集を、昇級と報じているむきがあるが、A代表に年齢制限はない。昇格とか昇級という話ではなく、代表監督の目に、代表に値するプレーをリーグでしているとうつること、これが基準。

背番号予想

羽生より若く、啓太より年長の二川が52,53,54のどれかをつける?
小林大悟よりも若い、伊野波と梅崎は、60,61となるかな??それとも坂田越えの68,69。単純年齢順だとすると、梅崎には70番台が待っているかもしれない。
西川は44。
--------------------------
追記:
背番号ついに70番台突入…サッカー日本代表
伊野波71、梅崎72 
70番は誰や??坂田より若く、伊野波より年上の選手・・・・ ?
[PR]
by tosh3141 | 2006-08-31 10:51 | サッカー

冥王星が特異すぎるから

<太陽系惑星>新たに3個 国際天文学連合が定義案公表
2003UB313 をどうしても惑星としたいということなのかなぁ...
いっそのこと、
冥王星を惑星からはずしてしまえば、話は簡単で、
惑星の定義は、月よりも大きな太陽の周りをまわる天体でいいじゃん。ガニメデを基準にしちゃうと、水星が外れるので・・・基準は地球のお月様。
つまり、惑星は、 水金地火 木土天海 の8個。
その他が、小惑星で、メインベルトとエッジワースカイパーベルトとその他。
深太陽系の探査がこの先、もっと進めば、また新しい知見が得られるだろうけれど、そのなかで発見される天体が惑星か小惑星か?ということは、このサイエンスの本質ではないと思えるので、そのような区分けが必要でない形がよいと思う。
[PR]
by tosh3141 | 2006-08-17 16:57 | サッカー

サントスと遠藤の起用法

オシムジャパン初公式戦、イエメンに2―0勝利
公式戦で勝ち点3。上々の結果だ。
12日にリーグ戦をして、13日から新潟でキツイ練習をしている。しかも、メンバーのほとんどは、8日や9日にも試合をしていて、この暑さに加え、マスコミの妙な注目による走らないといけないというプレッシャーも考えれば、かなりの疲労がたまっていたことは想像に難くない。
ゴールが決まらなかったことを除けば、そんなに良くない点も少ない。不満やイライラは溜まるが、こんなもんだろ?とも思う。負ける感じはほとんどなかったし、2点目を取ったことも評価できる。
もっとなんとかなるだろう?とも、もちろん思うが、決定力とはこんなもんじゃないのだろうか。高原がJ1にいたら、佐藤寿人よりも点を取ってる可能性だって、かなりあるわけだし、佐藤寿人がブンデスリーガでも2試合で1点ペースでゴールをあげるとは、なかなか思えない。人が変わったからといって、点が取れるようになるわけではない。
オシム監督自身もコメントしているように、簡単に勝てる相手など存在しないし、日本が強かったわけでも、強いわけでもない。もちろん、弱いわけでもなく、あぶなっかしかろうが、イライラさせる展開であろうが、アジアレベルではなんとかなるレベルにあることも間違いない。
疲れた経験の浅い選手で、2-0は上々なのだ。

Jリーグの選手が選ばれて試合をしているのだから、Jリーグの現実が反映される試合になるのが当然で、ガンバ・ジェフ・レッズというボールも人もよく動くチームの選手を集めた代表とは言え、この3チームがこうなるまでにかかった時間の長さを考えれば、この出来具合は、上出来と言えるだろう。もう、2,3試合をこなせば、ずいぶんと見違える試合が展開されるに違いない。Jリーグレベルの相手に対しては。

不可解なのは、遠藤とサントスの起用法。Jリーグで活躍した選手を起用するのであれば、チームでの役割やポジションをベースにした起用となるのが、妥当なところだろう。実際に、この2人を除けば、そのような起用法がなされていた。後半からは、駒野OUT 羽生INとなり、阿部がDFラインに下がることによって、サントスが左サイドにはり、遠藤がやや後目に位置して、という本来のポジションに近いところでプレーができるようになった。

遠藤からは、羽生が二川に、サントスが家長、鈴木啓太が橋本に、という見え方をするだろうし、サントスからも、小野と長谷部を羽生と遠藤に置き換えて、イメージが可能になるだろう(なるかなぁ?)。

前半の攻撃的MFにサントスと遠藤を並べた意図は?俊輔と松井の代役だとしたら、なんとなくわからないでもないのだけど、実際、サントスは右サイドにも顔を出していたわけで... 

次のアウェイの2試合では、
中村俊輔と松井大輔が召集され、中田浩二も呼ばれる可能性があると思うけれど、中村直志と小林大悟か山瀬功治あたりが外れることになるのではないだろうか。山岸も召集されるような気がしないでもないが...
[PR]
by tosh3141 | 2006-08-17 13:36 | サッカー

大きな背番号の選手たち

こんな背番号の選手の出る試合は見たことがない。おどろきの、50番台、60番台であるが、ジーコ監督のときに、すでに42人を登録していたため、新しく登録する選手には43以降が割り振られるということで、止むを得ない措置のようでもある。ちなみに、今回の23人の背番号は、
GK  23 川口  43 山岸
DF  14 三都主  20 坪井  21 加地  31 駒野  45 闘莉王
MF   4 遠藤  30 阿部  35 長谷部  
 50 中村直志  51 羽生  55 鈴木啓太  56 山瀬功治  57 佐藤勇人
 58 田中隼磨  59 小林大悟
FW 36 巻  37 佐藤寿人  38 田中達也
 65 我那覇  67 坂田大輔
という具合。遠藤だけがレギュラーの番号。

歯抜けなのが、何か意味があるのでは?といささか気にかかるところではあり、よく見てみると、MFは歳の順に50番台、FWには60番台で、我那覇が年上。
とすると、44番は第3のキーパーで山岸より若い選手か、闘莉王より年長のディフェンダー?52,53,54は、羽生より若く、鈴木啓太よりも年長のMFが想定されているのだろうか??これは、人材が想定できるような... 60--64は、我那覇よりも年長のフォワード?ありえないな... 66番は.... 前田遼一?
すべてに意味ありげなオシム監督であるが、どうも、よくわからない。
---------------------------
阿部 守備的MFで先発濃厚
相手は守備的に来ると想定されるので、おそらくは4バック(2バック)で
      加地 闘莉王 坪井 駒野
             阿部
 佐藤勇人(田中隼磨)  サントス
             羽生
       我那覇(巻)   田中達也
のような布陣が予想されるが、ボランチに安定感のある遠藤を起用し、相手があまりせめてこないことを見越した、阿部と闘莉王がセンターバックというパターンもありかもしれない。 
-----------------------------
FKは遠藤とサントスが蹴るらしい。
となると、阿部がディフェンスラインにはいって、遠藤とサントスが中盤に構える形が濃厚。
[PR]
by tosh3141 | 2006-08-16 09:54 | サッカー




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧