最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


カテゴリ:サッカー( 107 )

ドロー

日本、豪州破り4強 アジア・カップ、川口好セーブ
PKでの辛勝。川口が神となった、3年前と同じ光景だ。
とにもかくにも、ベスト4への進出でまずはノルマは達成した。
次のサウジアラビア戦では、違った試合運びが見れるかもしれないと、多少は期待するのだが...どうも、監督は、「勝ちたいんや!」の意思が強そうで、次も負けない試合を選択すると考えるほうが現実に合っていそうだ。
------------------------
しかし、オーストラリア戦は、ドローだった。
高原と中沢の頑張りで負けずに済み、川口の力でベスト4への進出を決めた。個人の力で、勝ち進んだということだ。オシムの方向性への手ごたえだけなら、すでに感じているわけであるが、強い相手にそれが発揮できたとか、チームが進歩したとか、少しは強くなったとか、そういう雰囲気はあまり感じない試合だった。
攻撃面では、相手が大きいときは、駒野より背が高い加地がより守備的に位置せざる得ないため、攻撃が左サイドに偏り、その左サイドの駒野からのクロスが精彩を欠いたことが、惜しい点だった。遠藤と憲剛がポジションチェンジしていた時間帯は比較的いい感じに攻撃ができていたように思ったが、俊輔と遠藤が入れ替わってもあまり効果的ではなかったような印象だった。やや、遠藤にいろいろな役目が与えられすぎている印象もあるが、鈴木啓太が守備専念に近かったことも、中盤からの展開に制限をつけてしまったということで、これは仕方ないかもしれない。
巻は、相手が大きいと代りの効かない貴重な選手だけれど、何か足りない。ガンバに移籍してみてはどうだろう?バレーが化けるくらいだから、巻も変わるかもしれない。高原は基本的に疲れている。今シーズンの序盤が心配だ。

相手のPKの1本目は、1本目というプレッシャーのもとでの、少し弱いキックだった。かなりの確率でとめることが可能だったと思う。2本目は川口のスーパーセーブだと言っていいだろう。そして、遠藤の相手をバカにしたようなキックで、ほぼ雌雄は決した。
それにしても、5人目が中沢だったことには驚いた。
ピッチにいたメンバーから、5人を選ぶなら、 俊輔、遠藤、阿部、駒野、高原か今野 だと思う。キッカーとしての技量や経験よりも、メンタルが優先された人選が行われた。阿部はなぜ蹴らしてもらえなかったのだろう?中沢にとっては、3年前のヨルダン戦で6人目のキッカーとして、ゴールを阻まれたことを取り返す、大きなキックとなったとは思うけれど。

何はともあれ,サウジ戦。これも、事実上の決勝戦だ。がんばって欲しい。
----------
勝ち進めば、決勝では韓国か... ハノイに居座れたことはよかったが、クジ運に恵まれたとは言いがたい。これを勝ち抜けるならば、やはり、アジアでは最強と言っていいだろう。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-23 10:21 | サッカー

阿部もいるぞ/再び決戦の金曜日(勘違い)

決戦は土曜日でした。曜日感覚がずれていたみたい
------------------
俊輔、リベンジFKだ!“アジア最高GK”相手に撹乱戦法
俊輔は、
ヤット(遠藤)もいるってのが(相手に)分かったのは、よかったと思う
とコメントしているが、阿部ちゃんだっているぞ。
30mくらいのレンジからなら、阿部のドカンといくボールも効果的だろう。ベトナム戦の後半、阿部が蹴りに来たのか?と思うシーンがあったが、蹴れずに(蹴らずに)戻ってしまったシーンは残念だった。レッズでもFKを蹴っていないが、たまには蹴って欲しいぞ。
-------------
オーストラリア戦、僕は実は普通に試合ができれば、日本が優位だと思っている。1年前のワールドカップの敗戦のダメージが大きいため、相手を過剰に評価しているキライがあるが、後半の坪井が足をつるあたりまでは日本の勝ちムードであったと思う。もちろん、日本の1点はラッキーな得点だったので、勝ったはずだ、とは言えないが、負けない試合であったと思う。
敗因は、コンディションと采配によるところが大きい。足をつった坪井に代えて、茂庭を投入したことが結果的にNGだった。その後の小野投入も、投入する選手か、タイミングが違った。そして、コンディションの悪さは、合宿を通じた采配の問題で、結局、経験の浅い神様が監督であったことが、最後に祟りとなったと僕は思う。
今年は違う。
監督は、もしかすると、経験の深い天邪鬼かもしれないが、選手のコンディションは、高原をのぞけば安心感があるし、俊輔の調子はよさそうだ。

25日は日帰りで東京に出張
日本が勝ち進んだときの、TV観戦をどうするか・・・新幹線の予約に注意しなくちゃ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-19 08:59 | サッカー

いつもながら

オシム腹心呼んで安心…話し相手不足解消でV3へ
この人の書く記事はオモシロイ。
意気上がるイビチャ・オシム監督(66)はここであえて「内閣改造」を決断。反町康治コーチ(43)に代え、ジェフ千葉時代の腹心だった小倉勉コーチ(40)を日本から呼び寄せる。
僕が知るところでは、小倉勉コーチは、ジェフから協会へ出ており、オシムが代表監督に就任する以前に、ジェフとの契約が切れ、代表のコーチングスタッフに専従している。
反町コーチが、アジアカップのメンバーに加わっていたことは、間違いなくオリンピックの最終予選をにらんでのことであり、このタイミングでの離脱は、プレ大会に向けての代表メンバーの招集などの作業に入ることがその理由であると思えるのだが、どういうわけかオシムに敵愾心まるだしの夕刊フジは、こういう作文をしてしまう。まぁ、夕刊紙だからいい加減でもいいのかもしれないが、いつもいつもいい加減なことばかりで、呆れてしまう。

最初から、小倉コーチが帯同していない理由は、よくわからないが・・・ ベンチ入りは通訳を含めて7人までというレギュレーションなので、このような入れ替えになったような気はする。このあたりはよく知っている方がいらしたら教えて欲しい。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-18 13:17 | サッカー

マン・オブ・ザ・マッチ

国内組爆発!巻2発!遠藤決勝FK
2試合続けて、遠藤ヤットがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。これで、携帯電話機を2機ゲット。マン・オブ・ザ・マッチの商品が携帯電話というのが、ちょっと不思議であるが、選ばれたのが遠藤であることには、何の不思議もない。遠藤が中心でチームを操ることで、俊輔が活きている。

1点目の失点は、事故のようなものであり、予選3戦を多少はバタバタしたものの、危なげなく終えた。ベトナム戦で事故を起こした鈴木啓太が精彩を欠くような印象があるが、黒子の役割を担う啓太が、目立つのもいかがなものか?という気もする。中村憲剛の精度がイマイチな点が、決勝トーナメントでは心配。トーナメント初戦では、人に強い今野がボランチに出てくるかもしれない。

日本と違い、危なっかしく予選を終えたオーストラリアが、あろうことかA組2位になり、トーナメントの初戦で日本対オーストラリア戦が組まれてしまった。相手は、去年のドイツとほぼ同じ顔ぶれであり、日本も意外に同じような顔ぶれであるから、まさにリベンジの一戦になる。監督の顔(アタマ)が違うことが、どう作用するか、楽しみでもある。高原、中村のコンディションも、去年より上であるから、2人の強烈な個の才能+采配で、日本の実力を見せて欲しい。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-17 09:21 | サッカー

13日 決戦の金曜日

オシムよトルシエに学べ…巻外しを決断、矢野を抜擢
特定FWの溺愛-、それは日本代表失敗の方程式だった。
これは、笑いを取るためのフレーズだろうか?
日韓大会の成績はホームのアドバンテージだ。トルシエの代表は、弱いチームではなかったが、アジアでの大会で、しかも開催国としてシードされた組み合わせでのグループリーグ突破であることは、割り引かねばなるまい。ジーコや岡田と単純に比較してはいけない。ついでに、フランス大会以降、ワールドカップの出場枠が拡大したことも忘れてはいけない。過去の監督と単純に比べるというのは、サッカージャーナリストの所業ではないと思う。
それに、そもそも、巻は初戦に出ていないし、キリンカップの2試合も途中出場だ。すでに外れている巻を外すのは、難しいし、パワープレイモードに入ったときや、前線から相手にプレッシャーをかけて攻撃の芽をつんでいきたいときに、巻は貴重だ。

ベトナムがカタールと引き分けて、勝ち点を4に伸ばした。タイも、オマーンに勝つなど、この大会では、とにかく開催国のアドバンテージが大きい。日本も3戦目の相手、ベトナムにやすやすと勝てるとは限らないから、予選通過のためには、今日のUAE戦は勝たないといけない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-13 09:54 | サッカー

初戦 ドロー まずますの滑り出し

Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - オシム監督が司令塔トリオにミドル弾指令
優勝を狙うのだから、長いアジアカップとなるはずだ。あまり最初からエンジン全開というわけにも、いかないだろう。まぁ、ドロースタートでもいいんじゃないのかな、という気はする。モタモタしたのは、いつものフィニッシュでの精度を欠くところくらいで、むしろ、2人の中村と遠藤の3人共存システムがそこそこ機能していることが、今後の足かせになるのでは?という点が心配でもある。

相手ががっちり引いて守ってくることが予想された、カタール戦であったが、実際に相手はガチガチに引いていたので、なかなか2列目から飛び出すという形にはならなかった。トップが高原1枚というのも、こういう相手を崩すには、不適当だったかもしれない。オシムに、俊輔や遠藤が試されているような気もするが、引いて守ってくる相手をエレガントに崩してゴールを決めることは、やはり難しいだろう。ときどき、ミドルでガッツンとやって、相手のDFをひっぱり出しておこうぜ、ってことで、ミドル指令。それと、このシステムを続ければ、高原にかかる負担が大きすぎ、決勝までもつのかどうか、も心配になる。

と思っていたら、UAE戦は2トップになるようだ。山岸が退いて巻か矢野が起用されるパターンか、中村憲剛にかえてフォワードが起用され、3-5-2 のシステムでスタートするか、どっちかだと思うが、さて...
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-12 11:57 | サッカー

そして、FWが居なくなった ガンバ大阪

7日のナビスコカップ準々決勝で、マグノまで故障...右大腿二頭筋肉離れで、復帰まで約3週間の見込み

播戸は、その4日前の3日、代表練習中に負傷...右大腿二頭筋々膜損傷で、復帰まで約10日~2週間の見込み

さらに、もう一枚のFWバレーは、先月23日のリーグ戦のFC東京戦で負傷...右内転筋肉離れで、復帰まで約3週間の見込み

ということで、
復帰の予定日は、バレーが7月14日ごろ、播戸が7月14日~17日ごろで、マグノが7月28日ごろとなる。
代表に、遠藤・橋本・加地を出しているうえに、左サイドの安田もU20代表で不在ときて、ナビスコの準々決勝2試合目、14日のホームでの浦和戦は、どうなるだろう?
バレーか播戸が間にあうかもしれないが、ムリをするときではなく、中山の1トップでは、ちょっと・・・
ここはひとつ、
家長が気管支炎から復帰することに期待し、
二川を軸に、家長・寺田・倉田・平井あたりの、ユース出身の魅力的な連中に、ガンバの強さの源を見せつけて欲しいところ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-10 19:10 | サッカー

代表5人、ユース代表1人

前田!播戸!寿人!生き残りアピール弾
バレーのケガが重傷で、内転筋の肉離れで3週間の見込みとなってしまった。次節、大宮戦は、播戸・マグノの2トップが久々に先発することになるが、代表合宿でアピールした播戸が予想を覆して、アジアカップに行ってしまい、闘莉王と水本が落選した穴埋めに橋本も当選することになると、実にガンバはユースでカナダ遠征中の安田を含めて、7人を欠いてナビスコのレッズ戦にのぞむことになってしまう。さすがに、キツイや。
相手も阿部、鈴木啓太、坪井が抜け、闘莉王もいないはずであるが、さすがに、遠藤、加地、家長、橋本、播戸、安田、バレー抜きの布陣で勝てるだろうか・・・ 全タイトル獲得に向けての正念場がやってくる。
-----------------
闘莉王と水本の召集がないことを名言したオシム監督であるが、これで、CBは中沢とケガの多い坪井の2人となった。アジアカップでは、相手のFWにマンマークでつくような試合になるだろうから、中沢+(坪井、阿部、今野)から1,2枚という形でしのげるとは思うが、大会が始まってからのケガ、コンディション不良に備えるには、やはりもう1枚、CBが必要だろうと思う。

ここはやっぱり松田直樹の出番、と思いたいが、年齢とマリノスでの出場機会から考えると、松田はなさそう。チーム成績やここ数年の安定度を評価して、鹿島の岩政、ガンバの山口智、あたりが有望に思うが... もっとも、オシム監督の腹は決まっているようだ。合宿メンバーから23人が選ばれるような雰囲気だ。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-28 09:10 | サッカー

J1のスケジュール

オシム監督がっくり“前倒し合宿”来たのは…10人だけ!
中村俊輔と高原のほかには、8人(西部、矢野、佐藤、駒野とジェフの巻、山岸、羽生、水野)しか集まらなかった(集まれなかった)というニュースである。
このうち、矢野は、土曜日が千葉で試合だったので、なにも、千葉->新潟->千葉と移動するくらいなら、帰らずにそのまま合宿入りという、パターンだろうと想像でき、広島の2人も、神戸->広島->千葉、くらいならば、神戸->千葉 ってことだから、当初から24日の千葉入りが予定されていたのではないか?と思う。実質的に、予定を繰り上げて参加したのは西部だけかもしれない。集まった選手を称えるなら、西部を誉めよう。

ホームで試合のあったガンバ、首都圏にホームのある、FC東京、レッズ、フロンターレ、アントラーズ(鹿島を首都圏というと異論もあるだろうが...)の選手は、やはり予定変更はストレスになるだろう。オフで正解。休み無しはキツイものだ。

-------------------
J1のスケジュールが問題だ。
20日に試合をしたのに、23日も試合を組んでいる。水曜日に試合がある前の週は、土曜開催として、その週は日曜開催にしたほうがよいのではないのだろうか。FC東京が息切れして、ガンバにいいようにやられたことも、日曜・水曜・土曜の強行スケジュールが影響していたかもしれない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-25 13:59 | サッカー

前田遼一

オシム監督指名!高原相棒は前田
サンケイはオシムが嫌いなので、同じ内容を伝える記事でも見出しがこうなる.
磐田・前田がアジア杯Vの切り札!オシム監督が珍しく絶賛
---------------------
いずれにせよ、前田遼一は、3試合209分の出場で、4本のシュートをはなち、3ゴールをあげている。この数字は一時的なものであるが、ここ2シーズン、ほぼ試合数の半分のゴールをあげていることからもわかるように、前田遼一がJ1の日本人のフォワードの中では傑出した決定力を持っていることは確かなのだ。
同じく復帰組には田中達也もいるが、達也のストロングポイントは、ドリブル突破や裏に抜けるスピードであり、この点では、家長、水野、スピード面では播戸という、スペシャリストで、すでに評価の定まりつつある選手がいる。あえて、ムリをして田中達也を招集する時期ではない。 

結果を求めるということは、すなわち、ゴールをあげるということである。その点で、いつのまにかペナルティエリア内で、ここぞという場所に居る前田の嗅覚は、得がたいものなのだ。

登録の30人は以下の通り。
GK: 川口、楢崎、西部、川島
DF: 中澤、坪井、加地、闘莉王、駒野、水本
MF: 中村俊輔、橋本、羽生、遠藤、中村、鈴木、阿部、今野、
    山岸、太田、伊野波、水野、本田、家長
FW: 高原、播戸、巻、前田、佐藤、矢野

ここまで何度か呼ばれていた藤本淳吾がもれたことは少し意外だったが、おおむね予想通り、目先の結果と2010年を見据えたバランスの取れたメンバー構成になっている.いわゆる欧州組の稲本、中田浩二が呼ばれていないことに注目が集まっているが、少し若い、阿部、今野、鈴木、駒野にもっと経験を積ませることに2010年にむけての意義がある.ここら辺は、ジーコの借金を返済しているような気もするのだが...
[PR]
by tosh3141 | 2007-06-19 08:52 | サッカー




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧