最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


カテゴリ:サッカー( 107 )

グラスゴーは怖い

サポーター乱入!俊輔の金星台無し
セルティックのホームでの強さときたら、もう、ホントに驚くばかりだ。ホームでは、ACミランにも勝つし、マンチェスターユナイテッドにも勝つ。
--------
乱入した観客のおかげで、ホームが無観客試合になるかもしれないとのこと。それでも、ホームのセルティックが強いかどうか、この先の興味深いところ。

それにしても、ジダはなぜ倒れたのだろう?しかも交代までして。
この交代が、ミランでのCLの予選でも何かしらの波風が立たせるような、何かそういう雰囲気を匂わせていて、ややもすると心配。
[PR]
by tosh3141 | 2007-10-05 17:59 | サッカー

ACLの価値・意味

川崎Fサポーター 怒りの犬飼批判
フロンターレのACL準決勝は2試合ともスコアレスドローに終わり、PK戦で敗退した.その過程での選手起用に関して、Jリーグが事情を聴取し、Jリーグ専務理事による
サポーターを裏切ったことへの説明を求める
発言へのサポータの反発が報じられている.

J1は、日程が過酷なのだ.どの国でも、トップチームの代表クラスの選手は過酷な日程にあると思うが、今回のフロンターレの日程はそれは厳しいものだった.
 15日 等々力 対トリニータ
 19日(深夜) イラン 対セパハン
 23日 柏 対 レイソル
 26日 等々力 対セパハン
イラン遠征には、チャーター機が用意されたものの、イランが日本に近づくわけではない.
このような酷な日程のもとでの、選手起用は、クラブにおける選手のコンディション管理の問題であり、先発が入れ替われば、それが、クラブの選手のコンディションに対する判断だろう.その判断に対して、リーグ側が、「止むを得ない」とか「サポーターを裏切った」などの価値を断ずる話ではないと思う.

クラブワールドカップに日本のクラブが正々堂々と出るためにも、J1のクラブがACLで、それ相応の結果を残し続けなければならないはずだ.
Jリーグは、ACLをどう考えているのだろうか?
昨年のJ2のベルディの出場も、かなりの問題だったと思うが、今年も結果的に、フロンターレに事情聴取したことにより、ACLへの姿勢が問われることになったと思う.日本から韓国以外のアジアやオーストラリアへ遠征があるときに、もう少し日程面で配慮ができれば、このような事態を招くこともなかった.
まずはJリーグから事情を聴きたい.
[PR]
by tosh3141 | 2007-10-01 17:51 | サッカー

稲本潤一

稲本が阿部代役!最終ラインでテスト
阿部勇樹は、J1においておくのがもったいないくらいのレベルの高い選手だ。
阿部を代表の核となる選手へ育てることは、昨年のドイツへ彼を連れていかなかった先の代表監督が、現監督に残した宿題の1つだろうと思う。事実、現監督はドイツW杯のメンバー発表の際に、阿部を選んでいないことを批判していた。

しかし、稲本を阿部の代役と称してはいけない。
稲本潤一もまた、日本代表の核となるべき選手の1人だと思う。
イングランド戦での骨折がなければ、その立場はゆるぎないものだったかもしれない。ケガから復帰したいま、稲本の起用は当然だし、2010年を目指すとき、彼の経験が必要となるにちがいない。
[PR]
by tosh3141 | 2007-09-07 09:27 | サッカー

2度美味しい代表発表

松井ら19人選出 サッカー日本代表
またしても、FW抜きの発表となった。2回発表できるのは、JFAにとっては、2度美味しいというわけでもないだろうが...
FWには、高原の指定席があると思うが、今回はアジアカップの影響かどうか知らないが、故障してしまったため、召集されないように思う。

今回発表されたメンバーは
 GK 川口 楢崎 川島
 DF 中澤 坪井 加地 闘莉王 駒野
 MF 中村俊輔 橋本 稲本 羽生 遠藤 中村憲剛 松井 鈴木 阿部 今野 山岸
の19名
フォワードは明日のリーグ戦を経て,ということだが,
 田中達也,巻,大久保,前田遼一,佐藤寿人、播戸、山瀬功治から、2,3人が落ちることになるかな、と思う。
サプライズがあるとすれば、大島だけど、調子がいいだけでは難しいだろうなぁ。

坪井は、2試合以上の遠征なので、念のため、CBのバックアップの位置づけ。橋本は、ほとんど出番がないのに、定着したのは、さすがという感じがする。

遠征中に練習をするための、要員に、羽生,山岸は必要ってことかもしれない。一試合限定の前回はそのために外されたのかも。今回は、中村俊輔と松井が起用されるので、山瀬は出番が期待薄。サントスは忘却されてしまったかも...
---------------
追記:
 出番が期待薄かも、と思った山瀬は選らばれ、大久保が落選。
FW陣は、田中達也,巻,佐藤寿人,矢野
となりました。
ポストプレーのできるもう一枚として、矢野>前田という序列が、一応あるような。前田遼一の奮起に期待したい。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-31 17:58 | サッカー

天才は腰痛だった

そろそろ天才の復帰時期
小野伸二の復帰に期待を寄せたのだが、15日のガンバ戦に欠場し、週末の国立のピッチにもいなかった。腰痛で欠場。復帰どころではなかった。相変わらずケガの多い選手である。やはりしばらく休んで、完全に治さないといけないのかもしれない。

追加召集された6人は、大久保、山瀬、前田遼一、高松、佐藤寿人、田中達也だった。
個人技で突破できる、大久保、山瀬、田中達也の3人と、スピードと決定力の寿人、万能タイプの前田遼一、高松という感じだ。

先発メンバーとシステムが難しい。
アジアカップの延長戦上にある、攻撃的なスタイルで行くのか?それ以前の相手に合わせたシステムで行くか?これまでのオシムの発言からすると前者のような気がするが...どうなるだろう。まぁ、明後日には答えが見えるので、楽しみにしておこう。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-20 09:09 | サッカー

そろそろ天才の復帰時期

オシム監督「7、8人入れ替える」
アジアカップの23人から、7,8人が入れ替わることが示唆されている。欧州リーグが開幕したので、中村俊輔と高原がはずれ、ケガの羽生とU22の水野と伊野波も外れ、さらにあと2,3人の交代となるわけである。

ちょうど一年くらい前にオシムに初めて召集されたメンバーはわずか13人で、
GKの川口、山岸に加えて、三都主、坪井、田中隼磨、闘莉王、駒野、今野、長谷部、小林大悟、我那覇、佐藤、田中達也。
さすがに13人では試合がしんどいので、5人が追加され、坂田、栗原、山瀬功治、中村直志、鈴木啓太。ただし、このときは、ガンバとジェフから召集できなかったため、ファーストチョイスの13人のうちの足りない部分は、ガンバとジェフのメンバーであり、それは、遠藤、加地、阿部、羽生、山岸、巻、佐藤勇人であったと想像できる。

最初の、この20人くらいのうち、
川口、坪井、駒野、今野、佐藤寿人、遠藤、加地、阿部、山岸、羽生、巻
が残っていて、ここに加えて、代表に復帰した中沢と、最初は忘れられていたかもしれない中村憲剛、ヨーロッパの俊輔、高原が先のアジアカップの主力であった。

今回は、ここに、ケガが原因で離脱したが復調してきた、闘莉王と田中達也と、最近の調子がいい、大久保、田中隼磨、山瀬功治と欧州から戻った小笠原、やっと片鱗が見えつつある程度には復調している小野伸二らの復帰が期待され、点が取れる前田遼一にも可能性がある。俊輔に代わるレフティの藤本淳吾もメンバーには必要となる。
小野と山瀬は報道がないが、代表に足りないものを考えれば、最近、遠藤や俊輔よりもペナルティエリアに近いところまで行くことが多いこの2人にも期待がかかると思う。長谷部も忘れてはいけないけど...
--------------------
22日に向けてのメンバーが12人発表された。
しかも、今回はFWが0なので、明日と週末に点を取ると選ばれることになるかも.
12人は、
GK 川口 楢崎  DF 中澤、闘莉王、加地、駒野  MF 橋本、遠藤、中村、鈴木啓太、阿部、今野
坪井まで外れてしまったか...
橋本英郎がしぶとく残っているのにはオドロキ。もちろん、いまのガンバの強さは橋本抜きでは語れないが、代表の試合にはほとんどでていないのだから、合宿を通じて、さすが橋本ということが多々あったのかもしれない。

残りのメンバーの発表は、18日以降で、GK以外に6人とのこと。
--------------------
システムは、阿部を最終ラインにいれる3-5-2か、中澤、闘莉王の2枚のCBでの、4-4-2か。ボランチには、中村・鈴木、両サイドが加地、駒野。
この12人がチームのコアとして、残り6人は攻撃的な選手の公算が大きいと思うが、FWが4人、サイドが2人というところだろうか?
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-14 09:29 | サッカー

万博決戦、再び

朝青龍になるな!ワシに相撲禁止令?
ガンバvsレッズの対戦が、15日ガンバのホーム万博である。
元旦の天皇杯、シーズン前のゼロックスカップ、アウェイのリーグ戦、ナビスコの準々決勝のホームとアウェイと、なんと今年の6試合目となる。押しに押して、カウンターに沈んだ元旦。完璧にレッズを倒したゼロックス、リーグ戦・ナビスコのアウェイ埼玉の2試合はいずれもドローで、ホームのナビスコではレッズを圧倒。今年はレッズにでかい顔をさせないためににも、万全のレッズ相手に圧勝したい15日であった。
が、ワシントンがいないらしい。ガンバもマグノアウベスが肉離れで欠場するので、お互い様ではあるが、ワシントン不在のダメージはレッズには大きいだろう。
--------------------
記事は、バカなことを書いているが、そういえば、レッズも以前には帰国するといつ戻ってくるかわからない、エメルソンに手を焼いていたから、多少は神経質になっているのかもしれない。
まぁ、ワシントンがブラジルで相撲を取ることはないだろうが、やはり故郷が療養には向いているということだ。闘莉王も治療で帰国していたし...
レッズのコメントはこうだ。
8月1日の広島戦の試合前のウォーミングアップで負傷。83分間プレーし1ゴールをあげましたが、検査の結果、左の内転筋に出血が見られました。室内での調整及び治療を数日間続けてきましたが、本人から早期復帰のため、ブラジルの主治医の下で治療し早くチームに合流したいとの申し入れがあり帰国することになりました。

高砂部屋だけじゃなく、相撲協会も、こういうアナウンスはちゃんとやっているのかな?と思って、高砂部屋を検索したら、ちゃんとしたホームページがありました。お詫びが掲載されてますね。しかし、掲示板を、この状況でオープンにしているというのは、なんにしても驚嘆に値するような。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-09 17:21 | サッカー

ガンバの安田

日本 完全アウエーで収穫ドロー
ガンバユース出身の中でも異色のやんちゃ坊主と思しき、ガンバの安田理大が、U22でも力を発揮している。
今年、左サイドに抜擢されて、結果的には家長をサブに追いやるような形で先発に定着した。リーグの2戦目のアウェイのアントラーズ戦では、退場をくらったが、その後は、反省して?髪の毛の色をおとなしくしていた安田だが、U20ワールドカップで金髪に戻すと、今回のU22の遠征では、銀色に染めて目立っている。その分、昨夜の中国戦では格好の標的となって、接触するとファールを取られ、相手にはたびたび蹴られと、ボコボコにされていたが、本人いわく、
蹴られたところは大丈夫です。こっちも結構やったったんで。あからさまにはやらないですけど、ハードなところはハードにやった。
ちゃんとやり返したそうだ。えらい。
もちろん、やんちゃなだけではない。
足もとの技術はガンバユースからの昇格組だけあって、しっかりしている。運動量、ドリブル突破、中央へ入ってくる意識、レベルの高いガンバでレギュラーを奪うだけのことはあり、フリーキックも蹴れる。そう遠くない時期にA代表にも召集されるだろう。
-----------------
協会は、技術委員会の中に、A代表の評価、検証を独立して行う小委員会を設けるそうだ。
えっ?いままでなかったん??
と聞き返したくもなるが、確かに監督人事も一貫性がなく、協会が目指す方向性が見えない現状の理由は、これだったのか...ということだ。

アジアカップでは、チームの方向性は見えたが、疑問の残る点も多々あった。これが、特に疑問点のいくつかが、監督の意図なのか、限界なのか、そのあたりの検証は必要だろう。

いまの方向性には、僕は共感を覚える。ワールドカップベスト4などは夢のような話で、日本は世界が一目置くようなまずは、日本の試合を確立しなければならない。その日本の試合の方向性として、オシムが提案するスタイルには共感を覚える。
しかし、どうも ・・・な部分が最近は目につく。これが、衰えなのか、オシムの方針の浸透のための策なのか、そこがはっきりしないのが、ちょっとまずいとも思っている。
[PR]
by tosh3141 | 2007-08-04 08:13 | サッカー

運のないとき

PK戦6人目外した…羽生号泣
短期決戦では運のよい選手が勝敗を決することがよくある。野球におけるシリーズ男みたいなものはまさにそれだ。運で片付けるのはあまりにも短絡的だが、その短い時期にグンと調子をあげてくる選手の存在が大きいのは間違いない。しかし、以前に古田がテレビで、それに対して、言わば逆シリーズ男も存在すると言っていた。そういう選手を徹底して抑えることが大事だと。
今回のアジアカップでは、羽生と阿部の2人が、どうにも運のよくない選手だったと思う。僕はPK戦でこの2人が蹴るときが、一番怖い感じがして、画面を見ることができない気分だった。
それでも、阿部は決めてくれたが、蹴りたくなかっただけに、羽生は案の定、外して、日本の4位が決まった。羽生が悪いわけではない。運がなかっただけだ。あえて、戦犯を指名するなら、羽生を6番目のキッカーに指名したオシム監督だろう。
---------------------------
決勝トーナメント8試合のうちの実に、4試合がPK戦、3試合が1点差だ。残りの1試合、優勝したイラクとベトナムの一戦だけが2-0のスコアだった。レベルが拮抗していたことだけは間違いない。予選リーグも開催国枠の4チームが若干劣っていたと思うが、他は間違いなく拮抗していた。
3位の韓国は予選リーグから通算で1勝1敗4分3得点、2位のイラクは3勝0敗3分の7得点、サウジアラビアが4勝1敗1分12得点、日本は4位だが、結果はひけを取らない2勝1敗3分9得点である。順位は運ということで、よいだろう。そして、イラクの優勝から言えることは、結果にはメンタル面が大きく左右するというあたりまえのことだ。日本は、今回、苦杯をなめたが、選手たちにはイラクからも学び、より代表の誇りや意味を感じて、国際試合に臨んで欲しいと思う。
---------------------------
今大会を通じて、オシム監督の采配、人選には合点がいかないことが多くあった。オシムの目指す代表の方向性もみえるし、それへの手ごたえを感じないわけではない。しかし、今大会の位置づけはよくみえなかった。
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-30 14:43 | サッカー

残念

3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ
残念な敗戦だった。監督の言うように、相手の数少ないシュートは決まって、日本の同点弾になったかもしれない羽生のミドルはバーにはじかれた。寿人の足がサウジの選手ほど長ければ(のぞむべくもないが)ゴールが決まったかもしれないシーンもあった。

明らかなのは、「エレガントを貫く」姿勢が仇となったことだ。
なぜ、坪井や今野を起用しなかったのだろうか?勝ってきたのでメンバーは変えにくいが、それでも、サウジの20番と9番を、2枚のCBでカバーするという試合運びで、90分間をセーフティに過ごせるとは思えない。CBと人に強い守備的な中盤が欠けていたことが、失点3につながったと思う。
監督自身の談話にもこのことは触れられていて、それでも、このようなサッカーをしたいのだ、という監督の意志が示されていた。
しかし、エレガントを追求して、時に散ることがることを是とするか否か。もちろんアジアでは簡単に散らないだけの地力をいまの日本は持っているとは思うが、サッカーの勝敗には時の運も影響する。この監督の精神が協会として共有でき、サポートできるかどうか?この点を確認して、この路線を継続するかどうかを考えなければならないと思う。
------------
闘莉王がいれば、たぶん違った選択肢があり、サントスがメンバーに居れば違った攻撃パターンもあっただろうとは思うが...
[PR]
by tosh3141 | 2007-07-26 09:54 | サッカー




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧