最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


政策のベクトル

スローガンとしての郵政民営化
 郵政民営化もできずに、他の改革ができるのか? 
この問いかけを今回の総選挙の争点だというのが、小泉の主張である。郵政そのものは、試金石であり、本丸の改革はその先にあると、実は言っている。これが支持を集める理由でもあると思えるが、自民党のマニフェストを見ても、その先にある改革の本丸の姿は見えてこない。いや、チラチラとは見えているような気がするが、肝心の小泉も竹中も、それを主張しているようではない。
------------
郵政の民営化は必要か?

個人的にはどっちでもよい。
本当に大事な、きわめて少量の信書と、その自由を守るために必要な信頼のおけるネットワークを守ることができる仕組みが担保されているなら、どっちでもよい。

個人向けの金融は、銀行が担っているし、保険も同様に民間企業が担っている。国営郵政がそれを補完することのメリットは、なかなか見出せない。採算ベースにのらない、過疎地での営業は?と言う反対の主張があるが...
日本では、どんな田舎でも自動車が走っている。その自動車を売るディーラーも居れば、その保険を扱う代理店も営業しているわけで、国営でなければ、過疎地でのサービスができない理由など、どこにもない。民営化しても、困ることはそんなにないはずだ。本当に大事な信書の郵送料は、多少値上がりしたって、いいじゃないか。
(それに、年賀状のような大口も、一通きりのハガキも、同じ50円なんて、ありえない。年賀状は35円に値下げしろ。でも、礼状には150円払ってもいいと思うぞ。)

しかし、一方で、
竹中平蔵の
楽だから国家公務員でいたい。民営化から逃げよう逃げようとしている。そんなことを許してはいけない
という主張は、的外れも甚だしい。
そんなに悪くない現状を変えられることに、反対するのは、当然の心理である。公務員が楽だという認識があり、その楽な公務員が仕事をすることに問題があるという認識が、民営化を推進する理由だったら、まず最初に、もっと大事な仕事を民営化した方がいいと考えるべきだし、あるいは、公務員制度の改革を行うべきなのだ。本気で、上述のように考えるなら、財務省の主計局の仕事を楽な公務員に任せてはならないと主張しろ。

公務員が民業に近い郵貯・簡保を担うことが、政府の大きさのメジャーになるという主張も、間違っているだろう。政府の大きさは、
 所得の再分配機能の大きさ や 公安・防衛機構の強さ や GDPに占める公共事業の割合 
で計るべきなのじゃないのか?

小さな政府を目指すなら、減税し個人に介入する政策もなくすべきで、政府はいざってときの、セーフティネットの充実に力を注ぐ方がよい。

軍備も減らし、自衛隊員も削減して防衛予算を減らそう(片山さつきの言うように)。
高速道路と新幹線の、両方を整備するのではなく、せめて、片方はやめよう。道路公団を民営化するにもかかわらず、道路建設の途を残したのだから、整備新幹線をやめちゃえ。
これ以上空港は作らず、日本に足りない国際ハブ空港は PUDONGや INCHEONに依存しておけばよい。中国・韓国と仲良くしよう。自民党の公約のベクトルは、大きな政府志向に映る。

郵政民営化に関してだけ、小さな政府という 総論を持ち出して、各論である民営化の理由付けをしているように見えてしかたない。いかにも、国民を欺こうとしているのだ。
竹中大臣の頭の中では、政策のコンシステンシーがあるのかもしれないが、政党の主張に(郵政が争点だというくせに)それがない。

民主党にも政策のコンシステンシーがあるとは言えないが(必要かどうかもわからないが)、各論の具体性は自民党のそれより、見出せる。しかし、党の最大公倍数的ベクトルは、どっちを向いいるのだろう?
[PR]
by tosh3141 | 2005-08-26 11:45 | 時事
<< 甘い勝敗ライン 高野連の責任 >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧