最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


引き分け、日本の力は出せている

勝てる試合
これで、
日本は、通算で、ワールドカップ9戦を戦い、2勝5敗2分、スコアは試合の順に、以下の通り。
 0-1、0-1、1-2 (中山)
 2-2、1-0、2-0、0-1 (鈴木、稲本、稲本、森島、中田)
 1-3、0-0 (中村)  ( )内は日本の得点者

ヒデは勝てる試合を落として、勝ち点マイナス2だったと言っていたが...

そんなに急に、日本のサッカーが強くなるわけでもなく、また、ワールドカップに出るチームのレベルが急に下がったりもしないわけで、そういう意味でもこの結果は順当。0-0のクロアチア戦は「よく戦った」の印象。
昨夜のイレブンから、ヒデと俊輔がはずれ、かわりに、98年のヒデと02年の戸田あたりが、はいっていれば、昨日の試合は勝ったかもしれないなぁ、というくらいの感触。

もう少し結果が伴えば、申し分ないのだけれども、
試合の状況は日本の実力通りに、力が出せていると思うし、もう少し運があれば、2勝できていただろうし、でも、川口があと少し不調だったら(それでもジーコは起用しただろうから)2敗してしまっていたかもしれない。
---------------------
今大会も、
 それを決めていれば・・・
のシーンは満載。

柳沢が、急に決定力抜群のフォワードになるわけもなく、しかし、柳沢ほどの動きのできる、フォワードはなかなか現れない。高原は体調がイマイチで、玉田はアジアカップのころの自信なり感性なりを取り戻せてはいない。大黒の嗅覚は健在そうだけれども、キレに欠けるところは、オフなしの海外移籍の影響か...最初からだしてやれば、違ってくるような気もするが。
巻は、紅白戦の競り合い練習要員で呼ばれたわけではないだろうが、
監督は、その使い方を知らない選手を召集しては、いけない。

今大会は、比較的、試合を見やすいスケジュールであるので、たくさんの試合をテレビで観戦しているが、どうやら、やはり、
 それを決めていれば・・・
を確実に決めるような、ストライカーは、世界中を見渡してもホンの一握りしかいないようだ。

昨夜のブラジルでも、
ロナウド(どう見ても、ピッチに立っていることが不思議なくらい調子がわるそうで、ほとんどの時間をトボトボと歩いていたような感じ)は、ここぞのタイミングで見事な空振りをした。オーストラリアのシュートは枠の外側へ消え、クロアチア国民は、なんどゴールを外して天を仰いだことだろうか。「勝てた試合」は、こっちのセリフだと、言いたいだろう。

ジェラードはミドルレンジからのシュートを1本決めた。ヒデは最後まで、外した。
ランバート、ジェラード・・・・ 口はともかくプレーを比べれば、プレミアのレギュラークラスと控えの差が歴然。
悲しいかな、経験と知性を除けば、ヒデは平凡な強いMFでしかない。宮本も、おそらくは同様で、より高い技術の持ち主が、チームを率いることがのできない日本のサッカー選手育成のシステムに、どこか歪があると思わざるを得ない。

中村俊輔には、良いときの輝きはなく、平凡なファンタジスタであった。
回復具合が、60%の加地はやはり60%で、サントスはサントスだった。
が、それでも日本は戦えているし、「98年よりは」勝てそうな匂いもしていた。日本のレベルは確実に向上しており、差は小さくなっていることだけは間違いない。ただし、差をつめているのは日本だけではないので、厳しさの程度は、かえって増した。

--------------
2010年に向けての戦いも、はじまっている。
20代前半の若い選手が経験をつんでいく過程も、この2006年大会で繰り広げられている。おそらくは、日本はこのレースにもっとも乗り遅れている国のひとつである(というか、最初から参加していないのだけど)。
監督が黙して、しかも目を閉じていたのでは、ロビーニョはどこからもやってこないのだ。
そして、この期におよんで、まだ外部要因(今回は試合開始時間)にクレームをつける監督に何を託してきたのか?協会の反省点は多い。
[PR]
by tosh3141 | 2006-06-19 11:00 | サッカー
<< 2点差勝利 予想はずれ >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧