最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


俊輔に休養を

日本代表つかの間のオフ 6日から最終調整

シーズンオフである欧州のクラブチームのレギュラー選手と、今がシーズン真っ最中のJリーグの選手と、シーズン中はあまり試合に出ないで過ごしてきた欧州クラブの控え選手とが、混成チームを組んでいるのが、日本代表である。チームのコンディションを整えるのは、それは難しいことだろう。

故障明けだったり、久しぶりの先発出場でなくとも、久々の試合で、屈強な欧州勢のDFを相手に奮戦すると、軽い故障もするだろう。休養も重要だと思う。
その意味でも、マルタ戦は、体をいったん休める前の冷却のための試合だとすれば、まぁ、大きな故障者を出すこともなく、けっこう荒いDF相手に、よく攻めたと評価しても、いいんじゃないのかなぁ...とも、思うが、1-0はふがいない。

が、シーズンをほぼ休養状態で過ごし、時々調整?のように試合にで出ていた選手で、しかも代表召集のためにアピールする必要もなく、絶対的な監督の信頼を得ている選手は、親善試合で冒険もできれば、果敢にも動けるだろう。試合中にリスクを冒すことができるのは、監督からの絶対的な信頼の裏返しであることをもっと自覚すべきだと思う。
また、召集やレギュラーが保証されず、つねにアピールすることを求められてきた選手とは、疲労度も異なるに違いない。ヒデのチーム批判は的を得ているかもしれないが、その視点が適切なのかどうか、僕にはよくわからない。
------------------
クラブへの貢献に関係なく、代表に呼ばれるヒデには、チーム批判などせず、先頭に立ち、代表をひっぱっていく立場が求められている。これに対して、欧州でシーズンを通じて試合に出場し、代表でもフル出場を続ける(W杯初出場の)中村俊輔には、エネルギーを放出してチームの先頭を走るのではなく、自らのコンディションを上げていくことが求められていると思う。

中田激怒「収穫ない」チームバッサリ
この「激怒」の矛先が、ずれていないことを願う。
------------------
最後のテストマッチだったのに
可能な交代枠を残していたにも関わらず、茂庭を起用しなかったことは、やはり采配のミスなのではないか?中沢は、俊輔同様にコンディションを整えるべき状況にある選手だろう。故障しなかったことが救いではあるが、ヒヤッとする場面はあった。大事を取れば、そこで交代。

宮本が2枚目のイエローで退場とか、累積2枚のシナリオだって、ないわけではない/(田中誠を失った以上)宮本のいないディフェンスを試すことも必要なのでは?ヒデと渡り合うDFラインの選手が居ない状況を確認しておいてもよいはずだ。
後半開始時は宮本out 小野in で、よかったはずだし、仮に、坪井・茂庭の2枚がセンターバックで、マルタに点を与えてしまえば、それはそれで修正箇所が明らかになったはずだ。
[PR]
by tosh3141 | 2006-06-05 11:21 | サッカー
<< 企業価値 衰退産業ではないということ >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧