最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


反省点

ジーコ監督、逃した金星…セットプレーからの2失点に反省
記事は、こう結んでいる。
すべての防御システムが完成したとき、初めて決勝トーナメントへの扉が開かれる。
が、これではいつまでたっても決勝トーナメントの扉は開かない。記者の思い違いか、勘違いか...
人材不足なのかなぁ...
---------------------
ジーコの試合後のコメント
内容には満足している。勝ち損ねたが、やり方によっては伝統のあるチームにも十分勝てる。相手は足元がダメとなれば、高さで来るのは目に見えている。FKを与えないよう、自分がピッチのどこで何をしているのかを確認しあう必要がある
が、引用され、宮本や中沢の談話をあわせて、この記者はこう結んだのであるが、
ジーコの「勝ち損ねた」発言は、
シュバインシュタイガーは、加地へのタックルでイエロー1枚、その後の同様のプレーで後半30負ごろにはすでに退場か、ずっと消極的にプレーになっているのが、本来の試合展開であり、その結果として、ドイツに2点目はなく、日本が勝ったはずだという意図であり、
ドイツの2点目を誰かが入れていたとしても、ペナルティエリア内で福西が倒されたプレーなどは、当然ファールで日本にはPKかFKが与えられたに違いなく、それで勝負を決めていたはずだと言っているのであって、
FKから2点を取られて勝ち損ねたとは言っていないだろう。

リードを守りきる采配をしなかったことも、選手へ安全にプレーせよ(ボールを奪われたときのリスクのある自陣でのパスまわしではなく、相手の裏へ蹴ってしまうプレーを選択せよとか)の指示がなかったことも、ジーコ監督にとっては、反省点ではないのだろうと思う。
フィジカルの弱点を補うために、危ないところで不用意にファールをしてはいけない ということが、ジーコ監督が指摘する反省点であり、ヒデや前線の選手が反省しなければならない。

それだけに、相手のセットプレーに対する守備は絶対に克服しておかなければならない。
と記者は書いているが、これは相手とのイタチごっこになるだけで、永遠に克服などされない。

DFが押し上げることができるように、攻撃的なポジションの選手が自分の居場所とそのときの役割を確認し続ける。
そして、自分のところで、破られたとしても、カバーリングがあるときに、ファールをしてFKを与えないようにしなければならないし、カバーを怠ってはいけない。
と、ジーコ監督は述べたのだろう。

セットプレーに対する守備は、
 ある時間帯以降でリードしている展開ならば、より安全側に軸足をおいた対策が必要だと僕も思うが、これは、むしろ選手起用の問題だろうと思う。
相対的にフィジカルの強い、中田浩二・巻・稲本・茂庭などを、誰といつどのようなタイミングで交代させるかというベンチワークの課題であるが、この4年弱の間に、ジーコ監督のそのようなこと意図の選手交代は一度も見たことがないような気がする。
[PR]
by tosh3141 | 2006-06-01 12:09 | サッカー
<< 0.625 ハラスメントなのかい? >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧