最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


当落(線)上のいろいろ

日本代表発表 巻代表入り、久保が落選

ジーコ監督のインタビューから、FWが5人であることについて、すなわち 茂庭・松井の落選理由についての談話を引用する。
1枠を後ろ(DF)にするか、前(FW、攻撃的MF)にするか考えたが、大きなポイントとして玉田が本来の良さを出し始めたこと。大会では3トップのケースも考えられる。前線で背負ってプレーするより、左右に流れたり、縦への速さといった良さは2列目からの方が生かせる場合もある。彼を置いておくのは日本のためにいい。巻はエリアでプレーするタイプで、大黒もそう。柳沢も左右に流れるタイプだが、柳沢とは違ったアクセントになる。MF松井は有能だが、中盤の前では小笠原、中村、中田、遠藤と同じような能力を持った人間がいる。DF茂庭も考えたが、中田浩、福西は万が一に備え最終ラインに入れる。そういう部分で(玉田を)決めた

まとめてみると、

FWを5枚にした理由
  3トップのケースに備える必要があること

それが、玉田である理由は2点
 玉田に復調の兆しが見えること
 左右に流れるタイプのフォワードとして、柳沢のほかにもう一枚欲しいこと

松井でない理由
 中盤の前には 小笠原、中村、中田、遠藤 がおり、松井は居なくてもよさそうだということ

茂庭でない理由
 DFがどうしても足りなくなったときは、中田浩か福西で補えること
 (僕には、どうしても、久保とともにキャバクラ問題が尾を引いているとも思えてしまうのだが・・・)

となりそうである.
ということで、久保の落選が、巻の当選との引き換えのように見えてしまうのであるが、ジーコの序列をあまり考えず、昨今の調子をベースに見てみると、玉田の当選との引き換えだったのかもしれないと思えるのである。

玉田のタイプが必要な理由は、左右に流れたり、縦への速さであると、はっきり述べられている。センターフォワードで、このタイプのプレーができる人材は他にももちろんいるが、速さで玉田には分があるということで、ケガから復調し、その速さが、キリンカップの2戦で確認できたということなのだ。久保は、1戦を欠場し、スコットランド戦でも、ここぞというときのシュートが打てず「ダメだなぁ・・・」という苦笑を顔に浮かべていた。久保の良さは見えなかった。

1点が貴重なサッカーではフォワードの選手は厳しい批判と大きな賞賛の間の、ジェットコースターに乗っているようなものである。そして、自分の所属クラブは下位にしずみ、J2落ちの憂き目にまであって、しかも、この1年間代表で1点も取っていないフォワードなどは、時代と国が違えば、生卵を顔にくらうだけでは済まないだろう。が、玉田は代表としてワールドカップに出場するという果実を手に入れた。相当、活躍しないと、えらいことになるだろう。がんばれ、玉田。

それはさておき、ジーコの談話で気になる部分がある
MF松井は有能だが、中盤の前では小笠原、中村、中田、遠藤と同じような能力を持った人間がいる。
小野の名前がないのだ。忘れただけならいいのだけど、小野を中盤の前で使う意思があまりないということなら、逆に、小野よりも阿部だったんじゃ?ということになりかねないと思うのだが...
[PR]
by tosh3141 | 2006-05-16 20:27 | サッカー
<< Cafu と Roberto ... そして今日 >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧