最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


知識人・爆笑問題

学校の外で勉強しない高校生
爆笑問題の政治解説など二十年前なら考えられない事態ではないのか。何でそのような現実を簡単に容認し肯定するのか。
爆笑問題は、ここでは、比喩に近い存在であって、爆笑問題が問題なのではないのだが...まぁ、ブログなので勝手に話をつないでしまうことをお許し願う.
--------------------------------
日曜日のCX系の夜の報道番組が、森本武郎から爆笑問題にかわってしばらくたつ。朝のTBS系の番組も爆笑問題なので、実にキー局の時事ネタを扱う番組を二つも掛け持ちしているわけである。
おそらく、こういう番組の発端は島田紳助のサンデーモーニングか、関西ローカルだと思うが、文珍の読売の土曜の朝の番組であったと思う.お笑い系タレント・芸人が、時事番組を担当して久しい。
さらに、バラエティ番組の作家であった青島幸男、漫才のコロムビアトップ、月亭可朝、横山ノックらが国会議員になった時期にまでさかのぼれば、さらに、この現実がアタリマエになるまでの道のりは長い。文珍や紳助について言えば、本人たちがノックや西川きよしのように国会議員を志向したような気もするが、一方で、テレビ局側の戦略として、国会議員を志向しそうなタレントにこのような番組を担当させたという側面は否めない。
早い話が、もう20年も30年も前から(あるいはもっと前から)、こういう現実を受け入れる素地があって、数字がとれる/タレントにとってもウマミがある ゆえに、だんだんと浸透してきた、そういう面もあるだろうと、私は思う。

それはそれとして、
爆笑問題の太田光のコメントには、うならされることが多い。たぶん、単なる推測ではあるが、彼は相当な量の(ちゃんとした)本を読んでいるだろう。
太田光のコメントは、いわゆる知識人のコメントであって、ギャグを飛ばして、文章に起こせば、冒頭の容認されている現実に多面性があることに気がつくだろうと思う。

しかしながら、
太田光の内面には、これも推測であるが、
知識的な高さや知性的な完成度に対して反発する感情
があるのだろう。このフレーズは冒頭の文と同じく、世に倦む日日の文藝春秋1月号の誌面から - 日本人の知性劣化と「呪術の園」からの引用であるが、太田にはおそらく、相当な「強い知識的な高さや知性的な完成度」への欲求と、それへの反発が内包されているように思えてならない。どちらかと言えば、呑気そうで普通の顔の相方に比べ、太田光の人相の特異さに、それがにじみでているように思えてならないのである。そして、それが爆笑問題の面白さの一つの理由なのだろうと思う。
[PR]
by tosh3141 | 2005-12-16 09:32 | 時事
<< 世論より伝統が大事か? アメリカってやつは... >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧