最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


ホントにこれでいいのか?

公的費用で解体、自治体買い取りなど支援策決定
耐震設計の偽造問題は、当該のマンションの購入者やホテルのオーナーにとっては、ホントにやりきれない出来事だろう。不注意や軽率の誹りをうけるような落ち度も、ないはずである。
が、しかし、個人の資産形成のところの話で考えたときに、公費負担で保障してもらえる筋合いがあるのかどうかは、これまでの政府の方針からすると、かなり疑問を感じざるを得ない。

マンションのローンが残る期間内に、震度5超の地震に見舞われる確率は、そんなには高くはない。危険の芽を摘むことは大事だが、このヒューザー物件のプライオリティが高くなるとしたら、それは、かなり恣意的な判断だと思う。

「知っているから不安であって、知らなければ安心できる」というスタンスに政府がたつであれば、僕は、この判断を尊重しないわけではない。しかし、その前提のスタンスは、絶対に支持しない。

三宅島を引き合いに出そう。
三宅島の噴火は自然災害であり、悪人がどこにも居ない。責任は政府しか取れない。ところがどうだ。島に戻った人々の住宅再建は自助に任されている。

先の福岡の地震もそうだ。
ちょっと長くなるが、太田誠一のブログから引用する.
地震後の復旧策は、地元紙でも頻繁に取り上げられ、市長も知事もよくぞここまでと言えるほど思い切った施策を打ち出しています
特に壊れた住宅への対応には評価されるべき点があります 私も自民党の地震緊急対策本部の現地対策本部長となり、こうした県市町の努力を、国が全面的に支援するよう走り回っています
しかし、既存の対策の発想を白紙にして見直してみると、どうにも釈然としません
中央の各省はそれぞれの、所管する公的インフラの損壊については自治体による復旧をバックアップする法律を整備しているけれども、住宅など民間施設の損壊に関しては、驚くほど限定的な対策しかないのです
民間の施設の復旧に手を貸すのは、特定の私有財産を優遇することになるというわけです
しかし、人が生きてゆくためにはまず、安全な住居が必要で、公共施設はライフラインと言われる部分を除けば住宅ほどの緊急性はありません
災害対策予算の大半を公共施設の復旧に投入して当然という発想はいかがなものでしょうか生涯を通じて、めったに起こらないが起これば
致命的な打撃となる災難、そういう災難への備えというは超長期の視野からしか生まれません
しかし普通は、そういう超長期な視野はなかなか持てませんので必要なときに備えがないことになりがちです
そこで政府の関与が必要になります
例えば、病気や身体障害という災難に対するリスクに歯止めをかける健康保険や介護保険は、相当部分を税などの強制的に徴収される財源で支えています
自分の身体は、まさに個人の財産なのですがその損傷については社会保険があるわけです
また、自然災害に見舞われることの多い農産物の被害には、農業共済があり、これも半分は国費で支えています
一方、地震による住宅損壊がどうかといえば、現在の地震保険は民間主導で、1つの地震で総被害額が750億円以内の場合は公的な支えはありません
福岡西方沖地震も、新潟中越地震も住宅損壊の総額は、ここまでに達しないので、公的資金は投入されませんでした
つまり、「普通の大地震」の場合は、政府は関係しないことになっています
~以下 略

と記している。
おきた地震には関係しないのに、起きていない地震には、ここまでスピーディ(イヤミまじり)に対応できるのはなぜか?
僕はここに釈然としないものを感じる.
ちなみに、この「市長も知事のよくぞここまでと言えるほど思い切った施策」でも住宅の再建は2007年までかかると言われている.
---------------------------------------
大きな政府で、厚いセーフティネット。大きな政府で、高所得者から税金をとって、弱者に再配分する社会。これでなぜいけないのか?
今回の偽造問題への対応策の論理はこちらよりじゃないのか?(いい加減なゼネコン救済の論理という疑問ものこるけれども?)もしパラダイムシフトをするんだったら、大歓迎だけれども、パラダイムシフトせずに、救済措置を講じるのは、実は住民のためではなく、ゼネコンと癒着した誰かのため ってことであれば、こんなにやるせない救いはない。
僕はこの施策をやめろとは言わないが、他の災害被害者にも同じように分厚く保障しろと言いたい。
[PR]
by tosh3141 | 2005-12-06 16:22 | 時事
<< 死の組 文化としての天皇制 >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧