最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


もう少しあいまいでもよかったのでは?

皇位継承は長子優先 有識者会議が論議終了

僕のスタンスは、
旧皇族の復帰よりは、女系容認にシンパシーを感じ、だからと言って伝統を守ることの意義を認めないわけではないという曖昧なものだ.

しかし
伝統を守るために、旧皇族男子に皇籍に復帰していただくなんてことは、とんでもないことであり、どうかそんなお覚悟は持たないでいただきたいのである.できうることならば、皇太子さまなり、秋篠宮さまなりのご家庭に子宝が恵まれることを願いたいのであるが、それも適わぬことかしらんと思っている.
もし、男系男子の万系一世が保てないと日本が崩壊するとまで思うならば、まずは今上天皇のそれは無理でも、皇太子さまと秋篠宮さまの精子を冷凍保存しておくことを、まずは進言してはどうか?なんてことも、思うのだけど.
もっとも、
男系男子の万系一世が保てないくらいで、日本の伝統も日本人のメンタリティも崩壊するとは思わないし、2000年の天皇家にまつわる伝統云々の話が大事であるなら、ここはまず、京都御所にお戻り願うことのほうが、話は先かもしれないとも思ったりもする.
ついでに言うなら、竹田某などは、出家すべきかもしれないとも思ったりもする.市長選に出馬しようとしたり、マスコミで自分の考えを述べるなど、伝統はずれも甚だしい.皇位継承の可能性のない男系男子が出家するのもまた、伝統かもしれない.

伝統は、それの根拠がよくわからないものであっても大事である.
しかし、一方で、伝統などはいともあっさり、そのときの都合で捨て去ってしまわれるものでもある.天皇家の歴史もまた、時の為政者によって、伝統を蹂躙されてきている.そして、これもまた伝統である.
それに、伝統・伝統と、ほんの100数十年前の伝統からは外れまくりの状況から言うのもいかがなものか?自分にとって都合のいい伝統だけを伝統というのは、いかにもご都合主義だ.もっとも、こういういい加減さもまた伝統なのだろうが...

さて、
有識者会議は結論をみたようであるが、いささか、結論を急ぎすぎているようにも思える.
愛子様を念頭に、継承順位まで定めるということの背景を、多少なりともいぶかしむところではある.
女系容認から単純に導かれる愛子さまへの継承ではあるが、もし、いま、仮に皇太子家や秋篠宮家に男子いたらどうであるか?を考えると、この場合は、果たして女系容認・長子優先の結論までたどり着くとは思えない.
いまある問題の本質は、皇位継承の候補者不足問題であり、この問題の議論から素直に導かれることが、内親王も結婚後も皇室にとどまり宮家を創設し、その宮家の子に皇位継承の可能性を認めるというものだ.
内親王の誰かが、東久邇の血をひく、男系男子とご結婚なさって、男子が生まれるかもしれない.と思うと、ここは曖昧にしておき、20年後ぐらいにまた議論するということでも波風はたつまい.あと2,30年もすれば、人工授精の試験管ベイビーなど、あたりまえだのクラッカーで、冷凍保存しておいた宮様の精子の出番も来るかもしれないし...

断絶の危機を、その時代の知恵と工夫で、悪く言えばもっともらしい理由をつけて、乗り切ることも本当の伝統であり、僕たちはたぶん、このようにして、生きてきている.今あることの一部は、そのまま未来に残し、そのほかの部分の構築は未来に託す.それでいいのではないのだろうか?
[PR]
by tosh3141 | 2005-11-22 15:53 | 時事
<< 自民党50年 大きいのがイイ?小さいのがイイ? >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧