最新のトラックバック
広島サポの皆様おめでとう..
from 恋涙
稲本 潤一メンバー
from 稲本 潤一メンバー
[大阪府知事選]で、この..
from BBRの雑記帳
国政選で電子投票
from 武蔵小山で働く社長のココだけ..
日程との戦い/小笠原の補..
from 寝言日記
J2降格圏+J1昇格圏の観察
from 時評親爺
「小沢一郎のいない民主党..
from 世界の片隅でニュースを読む
クライマックスシリーズを..
from TORACCHO'S ROO..
渡辺恒雄御大のお怒り(巨..
from 時評親爺
強相関物理学で作る奇妙な..
from 動物占い・ペガサスのメールで..
フォロー中のブログ
千里の眼
あざらしサラダ (愛知県...
仙波眞弓のココロ
週刊!Tomorrow'...
私たちが好きだったこと。
浮世風呂
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
マイペンライといわないで
あさってのほうこうBlog
AAA植草一秀氏を応援す...
二条河原落書
かきなぐりプレス
最上のものは未来にこそある
世に倦む日日
勝手に多事騒論
ぷち総研
ASTRO CALENDAR
falcon's eye
ブログ時評
Trapezium - ...
がりょう庵夜話
5号館を出て
それでも地球は回る
ペンギンはブログを見ない
名将気取り
ていたらくなフットボールコラム
生きるすべ IKIRU-...
Chocolates
本当にあったオカシイお話...
銀の道
TOPIC NEWS
とくらBlog
A Tree at ease
世に倦む日日
BLOG BLUES
●蹴球狂の戯言●
政治言語としての「改革」...
アルバイシンの丘
世に倦む日日
“正義”の暴走 ストップ...
歌え!万博~ガンバ大阪2...
Milestones (...
以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月


ノーベル賞30人計画

<科学技術基本計画>ノーベル賞受賞者30人程度輩出を
21世紀前半に30人程度の受賞者を輩出するという数値目標が、また出てきた。おおよそ50年で30人。これまでの実績を考えると、無茶な数字である一方、日本の科学・技術の水準を考えると、評価のあり方次第では 「たぶん届くはず」 の数字。

トムソンの予想では、まぁあたらないにしても、 新海征治、中村修二、十倉好紀 の3人の名前が挙がっている.他にも 戸塚洋二、遠藤守信、近藤淳、岸本忠三、本庶佑...候補にあがりそうな名前をあげていけば、ドンドン出てくるだろう。
文学賞は、村上春樹と吉本ばななが取るんじゃないかな?平和賞も日朝国交正常化を成し遂げれば、そのときの総理大臣がもらえる可能性がある。

ということで、
この計画は、この人たちにノーベル賞を取ってもらうためのロビー活動を展開すると、達成しやすくなる。

そういうことではなく、これから、科学技術の分野で、地道にコツコツ基礎研究を行い、あっと驚く成果をあげて、ノーベル賞へつなげていくというのであれば、ドンドン基礎研究にお金をかけ(つまり、優秀な人材をドンドコつぎ込む)、妙な書類のノルマを課さず、研究者には自由を与え、100個まいた種の一つが収穫できればいいという ような 研究者天国の環境を作っていくことが必要だろうと思う。
プロジェクトリーダには、ロングスパンで金を与え、優秀な研究者を雇用させ、彼らが成果を競う環境を作っていかなければ、ホントに優秀な日本人研究者を、ノーベル賞に値するようなブレークスルーを生み出す研究の場に確保することはできない。

現状はどうか?
競争的資金の獲得という妙なテーマのもとで、理工系の研究者は書類と論文の作成に追い立てられていないか?
そして、金を持つモノのところに人が集まり、ひとたび、金を持ったものは、その人をつなぐための次の金を持ち続けるため、ショートスパンで、次の金をもたらす論文が書ける研究に投資してしまっていないか?
資金が提供される期間が短すぎるのだ。そして、成果以外にもノルマが多すぎるのではないか?

この財政事情のなか、ムダに終わるような研究に、資金を投下できるのか?
ノーベル賞という結果だけが欲しいのであれば、現在の候補者のためにロビー活動に注力するほうがよい。もし、ホンキで、毎年ノーベル賞受賞者を輩出できるほどに、ノーベル賞の理念に即した、ノーベル賞に値する成果を日本人が生み出し続けることを望むのであれば、ムダに投資するゆとりとおおらかさが必要となってくるだろう。
今の世相にその「おおらかさ」が、あるのだろうか?
[PR]
by tosh3141 | 2005-09-29 09:59 | Misc
<< 38勝97敗1分 シェフチェンコ vs 日本人DF >>




昼間に吐く寝言の記録
by tosh3141
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
半角文字だけのリンクとコメントは禁止の設定としました。
----------------------
リンク
瀬戸智子の枕草子
ビクーニャとの日々
見物人の論理
Loose Blog
----------------------
メールはこちら
作者へのメール
カテゴリ
全体
時事
Misc
サッカー
野球
Music
未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧